窓際が寒い場合の対策はこれで決まり!

部屋が寒い原因を探ってみると、窓際が特に寒いということに気づかれる方は多いでしょう。暖房をガンガン使うのはもったいないですよね。

冬の室内の寒さは、どのようにしたら防ぐことができるのか、根本解決の方法も合わせてご紹介します。

なぜ窓際だけ寒いのか?

はてな

窓際だけが寒いのには理由が…

家の壁には断熱材が入っていますが、窓には断熱材を入れることができません。そのため、普段は明るくて心地よい窓際も、冬の間室内でせっかく温めた空気が逃げてしまい、かわりに外の冷気が入りやすくなります。

住宅内の暖かい空気、または冷たい空気はいくら壁の断熱性を高めても窓から5割は逃げてしまうのが現状と言われています。

ただでさえ、触るとひんやりするガラスです。何らかの対策を取らない限りは、窓際ばかり寒くなってしまうのは当然です。

また、日本は窓の後進国と言われているのをご存知でしょうか?欧米各国はこの窓の弱点を補う方法が一般的になっていますが、日本はまだまだ窓の断熱性を高めることに対して遅れをとっています。

特に住宅であれば合計額が高額ですから、少しでも安く済ませたいというのが多くの方の心情です。ただ、長く住む家がコストを下げたばかりにあとあと大変ということになれば、結局同じかむしろ損をしてしまうのではないでしょうか。

窓際が寒い原因が分かれば、できることはたくさんあります。すぐにでも対策を取り、光熱費で元を取りましょう。

窓際が寒い場合に自分でできる対策

段ボール

自分で今すぐできることはやってみよう!

窓際が寒いというお悩みの中でも、特にベッドを置いている寝室の窓際が寒いとなると、快適な眠りにも影響してしまいます。寒くて寝られないということもあるでしょう。

切実な問題を解決するために、今すぐ自分でできることをやってみましょう。

見た目は最悪ですが、段ボールを窓に貼ってしまうというのもある程度効果があります。ただし、見た目と並んで窓を開けにくくなってしまうというデメリットもあるので、あくまで応急処置としての対策になります。

段ボールさえ手に入ればほとんど費用がかからないので、とりあえずの策として有効です。

また、梱包材のプチプチを窓に貼るというのも一つの方法です。空気の粒が断熱材の役割を果たしてくれるので、寒くて寝られないという場合にやってみると多少暖かくなります。

最近は、100円均一ショップでも窓の防寒グッズが売られていることがあるので、そうしたものを利用すると寒さが和らぎます。

窓際が寒いのを根本的に解決する方法

解決

根本的な問題を解決しましょう!

窓際が寒いのを防ぐための自分でできる対策はいろいろありますが、その場しのぎで大きな効果が得られない、または見た目が気になるとお嘆きの方も多いです。そこで、根本的な解決のためにはどうしたらよいのかお教えします。

窓ガラスの交換

一つ目は、窓ガラスを真空ガラスに変えるということです。真空ガラススペーシアは、2枚のガラスの間が真空になっていて、厚さも1枚ガラスとほとんど変わらないのに断熱性が高いのが特徴です。

断熱性はどのくらい高いかというと、1枚ガラスの約4倍となっています。

今あるサッシはそのままに、窓ガラスの交換だけで窓際が寒いのが解決できる真空ガラススペーシアはおすすめの窓ガラスです。

さらに、この真空ガラスは交換も簡単にできるようになっているため、住宅の全窓を交換する場合でも半日程度で終わってしまうほどです。ほとんどのご家庭で、「なーんだ、こんなに手軽に寒さ対策できるならもっと早くやればよかった」という感想をいただいています。

内窓をつける

もう一つの方法は、内窓をつけるという方法です。北海道など寒い地方では窓が2重になっているのは当たり前です。この2重窓を内窓と呼び、今ある窓の内側に窓をつけることになります。

内窓をつけることで、断熱性がアップし、窓際の寒さが大変和らぎます。つまりは窓際だけでなく部屋の中も暖かくなるので、暖房費の節約にもつながります。

窓が2重になるというデメリットはありますが、今ある窓と枠がそろっているので、よく見ないと2重ということはわかりません。

内窓は防音性を高めるメリットもあるので、お隣と近いという場合や、マンションで特に人気があります。マンションの場合、勝手に窓のリフォームをできない決まりがあることが多いのですが、内窓なら大丈夫というケースも増えてきています。

さらに、真空ガラスで内窓を作ればダブルの断熱性アップでかなりの効果が期待できます。

お問合せ

窓際の寒さはやはり窓に原因がありました。窓の断熱性を高めてあげることで一気に解決に向かい、お部屋の中もずいぶん暖かくなります。

私たち中村建硝は窓の専門家で間に業者を挟まないので、お客様のニーズをしっかりとくみ取り、直接お話をうかがって最善の策を一緒に考えることができます。

窓の寒さが気になる場合には、ぜひお気軽にご相談ください。