高齢者は要注意エコ窓で予防するヒートショック

1ヒートショックとは

 

ヒートショック現象は、急激な温度差が原因で血圧が乱高下する症状のことです。その為温度差があるようなロケーションにおいて起こります。冷たいプールに飛び込んだり、急に暑いサウナのような場所に居座るとヒートショックを起こしやすくなりますので、温度差が招く症状になります。近年は住宅などにおいてもヒートショック対策をしている住宅もあります。

冬場の入浴に注意

ヒートショックは特に冬の入浴などに注意が必要です。また冷えたお風呂場などもあまり良い環境とは言えないので室内を一定の温度で保つことが大切です。ヒートショックは体に負担をかけます。そのため入浴の際には急激に血圧が上昇しないように適温で落ち着いた環境が必要です。高齢者は注意が必要です。その際エコ窓で予防するなどして住居の環境を整える必要があります。

ヒートショックを起こすと脳出血などにもなってしまうことがあり、寒い冬のヒートショックは注意が必要です。 入浴は寒い季節が特に危険で、寒い冬、入浴中の急死の原因の多くがヒートショックです。 入浴中の急激な心臓発作と言えます。

心筋梗塞 脳梗塞 だけでなく失神 してしまう可能性も

ヒートショックの死亡率は高く、十分な対策が求められます。ヒートショックは室温に関係しています。急激な温度差によって心筋梗塞 脳梗塞 だけでなく失神 してしまう可能性があるので、そのまま溺死してしまうケースも少なくありません。ヒートショックは二次的な危険もあるので特に高齢者が住んでいる環境では、予防や対策が必要になります。

ヒートショックは生活していても対策は可能です。 衣・食・住において過ごしやすく温度差のない室内環境を維持することが大切です。特に風呂場やトイレなど、家の中の温度差が目立つような場所に関しては外気が入らないようにしっかりケアをしておくことが大切です。

リスクのない生活が送れるように

温度差がありすぎるだけでも高齢者は急激に変化しヒートショックを起こす可能性があります。そのためリスクを避けるような環境が最適です。高齢者の施設などではリスクのないように環境がバリアフリーで建物の構造も機能的で、リスクのない生活を送ることが出来るようになっています。

特に高齢者は高血圧には注意が必要です。寒い季節には風呂場だけでなく脱衣所から温度差のない環境が好ましいです。浴室だけでなく、建物全体で低温を保つことでヒートショックは防ぐことができます。 キッチンやトイレも効果的な対策を行うようにしましょう。

2国が出す数値で見るヒートショックの死亡者数

ヒートショックの死亡者数は毎年増え続けています。最近では高齢者だけでなくリスクのある症状ですが、実は交通事故の4倍とかなり多くの人がヒートショックを起こしています。ヒートショックは 急激な温度変化が原因になりますヒートショックは、暖かい部屋から寒い部屋に移動した際に起こる為、住居の環境においても常にヒートショックは避ける必要があります。十分に対策をしておくことができればヒートショック現象は回避することが出来ますし、高齢者も安全に暮らしていくことが出来ます。しかし毎年増え続けているだけに早めにヒートショック対策をしておきたいところですね。

 

十分な対処をしておくことができればヒートショックを予防することが出来るようになっています。ヒートショックにならないようにするためにはしっかり温度差のないような住宅環境にリフォームをすることをおすすめします。特に窓のリフォームは重要で、結露せずにまた騒音を防止することが出来るようにもなります。十分に予防するならば、住居の環境において寝室バスルーム、リビングの窓を二重窓にするなどして外部の気温の影響を受けないように工夫しましょう。

 

3こんな場所でヒートショックが起こる

キッチンなどでは隙間風が入りやすいので注意が必要です。できれば窓も二重窓にしておくことをおすすめします。二重窓にすることで、隙間を塞ぎ、更に外部の気温の影響を受けにくくなります。日本はヒートショックの被害者が多く、住宅もヒートショック対策が求められている時代です。

 

4ヒートショックにならないように

ヒートショックにならないようにしっかり気をつけること、各住居スペースをどこも定温を保つと予防することが出来ます。暖かい居間から倉庫や二階に行くと気温差があり、その影響でヒートショックを起こします。できれば倉庫なども二重窓にしたり樹脂窓にリフォームをして室内の温度を一定に保つようにしましょう。

朝晩の冷え込みなどは、窓が大きく影響

高齢者の突然死などもヒートショックが影響していると考えられ、対策をして浴室や脱衣所も樹脂窓にすれば、温度差がない、また外部の空気が入らないために温めた部屋の温度を逃しません。朝晩の冷え込みなどは、窓が大きく影響しています。窓が冷えれば室内も同時に冷えてしまいます。そうならないように窓の結露をしっかり防止してくことが大切です。 脱衣所や浴室の冷え込みで、ヒートショック減少を起こさないように対策を十分にしておくことは大切なことなのです。

ヒートショックを防止するために浴室や脱衣所だけでなく寝室も同じこと、更にキッチンやリビングなども快適な適温を保つことが理想的です。若年層でも急激な温度差によって体調不良になるケースもありますので、ヒートショックは高齢者だけでなく家族のみなさんが注意する必要があります。

冷えるスペースは二重窓にすることをおすすめ

急激な温度変化が原因でヒートショックを起こすだけでなく、その他にも体の健康を考慮するために二重窓にしたり樹脂窓にすることで寒さが厳しい季節や冷えがちなスペースでも快適に過ごせるという大きなメリットがあります。寒い季節に向けて、住居内の温度管理をしておけば、体を壊すことなく寒い時期を住居で過ごすことが出来るようになります。

窓のリフォームが可能な製品は、今お住いの住居を更に快適にすることが出来ます。「YKKAPのプラマードU」「リクシル インプラス」は取り付けも簡単で短時間で二重窓にするキットです。窓の断熱性だけでなく、快適な室内空間を実現するために騒音や隙間風なども対策可能です。その為ヒートショックを未然に防ぐことができます。

 

さまざまな施設やオフィスなどでも導入

既存の窓や壁を破壊しないで取り付けが可能で窓のリフォーム、さまざまな施設やオフィスなどでも導入しています。仕事場においても仕事しやすく、快適な温度環境の整っている場所を提供する事が出来ます。

リモデルウィンドウという窓のリフォームは隙間から風が入らないので、室内の温度を十分に保つことが出来ます。その為エネルギー使用量も節約することが出来て、何かと家計にもお得です。お急ぎの方にはスピード施工で既存の窓を取り替えなくても取り付けを行うことが可能で、サッシを樹脂として選択することでリフォームの際には是非おすすめの製品です。

保温効果も期待、小エネに繋がり、外部の空気の影響を受けない

「プラマードU」で、購入は補助金制度を利用すれば更に安い金額での取り付けが可能となります。断熱、防音的にも非常に効率が良く窓リフォームに最適、ヒートショックがないように寝室、リビング、バスルームなどだけ部分的な取り付けも可能です。

光熱費を節約することも可能で、その他にもメリットが多いリノベーションです。保温効果も期待でき、小エネに繋がり、外部の暑い、冷たい空気を防ぐのでヒートショックを予防することが出来るので導入を検討している住居が増えています。

窓リフォームは取り付けが1時間で完了する製品です。取り付けにかかる手間がかからずに壁を破壊しなくてもokです。窓を一度外して新しい窓にすることで、空間も新たに生まれ変わり高齢者も過ごしやすい環境になります。夏でも冬でも室内が快適な住居は二重窓を起用しています。その為高齢者が住んでいる住居においては最も窓のリフォームが大切と言えます。

 

5まとめ

 

窓のリフォームは二重窓にして窓の断熱性を上げ、ヒートショック減少を起こしにくくします。かんたん施工 で、既存の窓に新たな窓を取り付けて内窓、二重窓として活用していくことが可能です。窓リフォームに最適なリノベーションとして定着しています。隙間から風が入らずに、更にスピード施工が可能です。窓を取り替えなくてOKなので使いやすく、「プラマードU」は高齢者にも有意義な活用が可能です。補助金制度を利用して購入すれば取り付けにかかる費用を大幅に割引してくれます。その他にも断熱、防音にも効果的です。窓のリフォームに最適なリノベーションであり、利用していると室内の空気が逃げずに、暖かい空気はそのまま取り込み出来ます。

取り付けが簡単、リフォームで二重窓として取り付ければ外部の気温の影響を受けずに快適に過ごせるようになり、またヒートショックを予防することが出来るようになります。高齢者は要注意、エコ窓でヒートショックは予防することが出来るようになります。高齢者のヒートショックによる被害は年々増えています。国が出す数値で見るヒートショックの死亡者数を見てもわかるように交通事故の件数よりも多く事前に注意が必要です。