内窓による効果。防音以外にもたくさんのメリットあり!

内窓を設置することは外の騒音及び室内の生活音の漏洩を防げる防音効果があります。しかし内窓を設置する事はそれ以外にもたくさんのメリットがあります。特にエアコン代をカット出来る省エネ効果はかなり注目を浴びています。そこで今回は防音以外の内窓によるメリットをご紹介します。

 

断熱効果:冬でも暖かさを逃がさない!

冬になると室温が下がってしまい部屋にいても寒くなってしまいます。そのきっかけは外の冷たい空気によって室内の暖かい空気が漏れ出てしまう事が原因です。

窓のせいで部屋が冷え込んでいた!

温かい空気が外へ漏れ出てしまう際の経路は壁や換気口など外に面している部分は全てが該当します。その中でも最も室温が漏れ出てしまう部分がです。壁や換気口が全体の約20%なのに対して、窓は全体の約50%もの割合で室温を外へ出してしまっています。

窓が室温を外へ逃がしてしまう理由は壁や天井に比べて圧倒的に薄いという点にあります。また窓は閉め切っていたとしても隙間風が生じてしまう事もあります。さらに既存の窓に使用されているガラスとサッシに使用されているアルミは熱伝導率が高い素材な為、室温を外へ通しやすいという性質もあります。

そのため冬の寒さの原因と言っても過言ではない窓をリフォームすることは寒さ対策において大きな影響を与えることが出来ます。窓の断熱効果を上げるリフォームはたくさんありますが、その中でも内窓は効率良く断熱効果を得られるので大変おすすめです。

二重構造で冷気を入れない!

内窓を設置するという事は窓の気密性が上がるという事です。気密性が上がると冬場の寒い時期でも室温を逃がさず快適な空間を作ることが出来ます。また内窓を取り付けると既存の窓との間に中空層が生まれます。既存の窓1枚だけだと冷たくなった窓の影響で窓付近の気温が低下してしまいますが、中空層が出来る事によって外の冷たい空気の影響が緩和されます。しかも隙間風の侵入も防ぐことが出来ます。

内窓は従来の単板ガラスを設置してもある程度の効果を得られますが、より効果的に断熱性能を上げるのであれば高断熱複層ガラスの使用をおすすめします。複層ガラスとは2枚のガラスを貼り合わせて1枚のガラスとなっている特殊構造の窓ガラスです。さらに断熱性能が高いのが2枚のガラスの間が真空になっている真空ガラス「スペーシア」です。スペーシアは特に断熱性能に優れている上、防音性能も優れています。

スペーシアは室内側のガラスに貼られた特殊金属膜と真空層によって、複層ガラスの約2倍の高い断熱効果を実現しています。真空ガラス「スペーシア」を内窓に採用すると寒さの厳しい北陸地方でも快適な室内空間を作り出すことが出来るでしょう。

 

結露防止:健康と経済を守る!

内窓を設置すると窓に発生する結露の防止にも大きな効果を発揮します。

結露は室内の水蒸気が冷たい空気に触れる事によって水滴となって窓に付着する事が原因となり発生します。そのため結露は冬場の寒い時期や梅雨の湿度が高い時期に発生しやすくなります。

結露は冷たい水滴なので放置しておくと室温低下を招いてしまいます。また結露は窓付近のホコリやゴミに反応してカビを発生させてしまう事もあります。そのカビから発せられる胞子はとても有毒で室内にいる人の病気の原因にもなってしまいます。そのため結露を放置する事はエアコン代の浪費と健康への被害を及ぼすことになってしまいます。

結露の放置を防ぐために冬場は毎日窓についた結露を雑巾で拭き取っている人も多いのではないでしょうか。しかし結露は拭き取っても一時的に消えるだけであって冷え込んだらスグに発生してしまいます。特に朝方は最も冷え込む時間帯なので起きたら窓に結露がびっしりと付いているということもあるのではないでしょうか。その度に拭き取るのはとても面倒です。

内窓で断熱すれば結露防止にもなる!

内窓を設置すると断熱効果を得られます。窓の断熱効果が上がると窓付近の室温が下がらなくなるので結露の発生を防ぐことに繋がります。そのため内窓による断熱効果は「=結露防止」という意味も含まれています。

内窓による結露防止の効果を上げるためにはYKK「プラマードU」の使用をお勧めします。プラマードUは樹脂製のサッシなので既存のアルミ製サッシよりも気密性の高い構造になっています。そのため既存のサッシよりも気温の低下を防いでくれると言う特徴があります。

窓ガラスは真空ガラス「クリアFit」がおすすめです。クリアFitは特殊金属膜こそ無いもののスペーシアと同様に断熱効果の高い真空層が封入されています。そのため断熱効果・結露防止共に十分期待が持てます。

関東圏内ならクリアFitで結露防止が可能!

結露は室内の温度と湿度によって発生条件が変わります。上記の表は結露が発生する気温と湿度を示したものです。熱貫流率U値とは熱の伝導率を示す数値です。熱貫流率U値は室内外の気温差1℃に対して1㎡の壁を1時間で通過する熱量の事で、数値が低い程断熱効果が高い事を意味します。

表の中に記載されている温度は室温20℃or25℃で湿度50%~80%の状況で結露が発生する際の外気温を意味しています。そのため室温20℃で湿度が60%だった場合、外気温が13℃以下になると結露が発生するという事になります。

この表を見てみると単板ガラスの場合、外気温10℃前後であれば結露が発生してしまいます。しかしクリアFitを設置した場合は湿度80%にでもならない限り外気温0℃前後まで結露を防いでくれます

スペーシアの方が性能は上だが、、

ちなみにスペーシアは特殊金属膜が貼ってあるのでクリアFitよりも更に高い数値を記録しています。しかし関東圏あるいはそれよりも暖かい地域であればクリアFitでも結露に悩まされずに冬を過ごすことが出来るでしょう。

 

遮熱効果:熱と紫外線を遮断して夏を快適に過ごす!

内窓は冬場の冷気だけでなく夏の熱気も防いでくれます。夏場に室温が上がる原因は外から差し込む日差しですが室内に熱気が差し込むほとんどの原因は窓にあります。

窓は寒さだけでなく暑さの原因でもある!

住宅全体を広く覆っている壁や屋根は全体の15~9%しかないのに対して窓は約70%もの割合を占めています。これは冬の冷気と同様に窓の薄さが関係しています。

そこで内窓を設置する事により窓から差し込む日差しの量を大幅にカットすることが出来ます。従来の窓ガラスは外から侵入する日差しを約30%しかカット出来ません。しかし遮熱タイプの複層ガラスが入った内窓を設置すると外からの日差しを60%もカットする事が出来ます。

また夏場の日差しは紫外線を含んでいることで有名です。室内に紫外線が差し込んでしまうとカーテンや窓付近の家具の日焼けの原因となってしまいます。従来の窓は外から差し込む紫外線を40%しか反射しません。しかしLow-E複層ガラスが入った内窓を設置すれば紫外線を約80%も反射してくれます。そのため内窓を取り付ければカーテンや窓付近の家具の日焼けを防いでくれます。

遮熱効果を上げる目的で内窓を設置するのであれば断熱効果の際と同様に複層ガラスを使用するのが好ましいです。中でも遮熱タイプのLow-E複層ガラスがおすすめです。外から侵入する熱気を防いで室温の上昇防止に大いに貢献してくれます。

 

防犯効果:ガラス破りを防ぐ

内窓の効果は室温の急激な加減を防止するだけではありません。内窓を設置する事は泥棒や空き巣などの被害を未然に防ぐ防犯効果もあります。

ガラスは壊れやすいので侵入できてしまう!

泥棒や空き巣が住宅に侵入する際は窓から侵入する事が多いと言われています。不審者が一戸建ての住宅へ侵入する際のルートは一番多いのは玄関(戸締りし忘れ)ですが、窓も全体の約40%とかなり多い割合を占めています。

窓は住宅の外に面している部分の中でも特に薄くて壊れやすい部位です。そのためハンマーなどの鈍器で壊して窓の鍵を外から開ければ簡単に侵入できてしまいます。しかも特に防犯措置の施されていない既存の窓は無色透明なので中の様子が外から見えてしまい住人がいるかどうかが分かってしまいます。特に1階のリビングなどは防犯措置を施していないと狙われやすい傾向にあります。

内窓を設置すると不審者が侵入する可能性がぐっと下がります。その理由は内窓を設置して窓ガラスが二重構造になるためガラス破りにかかる時間も単純計算で2倍になるからです。泥棒や空き巣はガラス破りをする際に時間がかかると侵入を諦めて退散してしまいます。また内窓を設置すると外から中を除いた際に光が反射して中の様子が見えにくくなるという特徴もあります。

防犯効果をさらに上げるためにはYKK APの内窓商品「プラマードU」がおすすめです。プラマードUは引手と鍵が一体化した戸先錠をオプションで選べます。これによって施錠・解錠と窓の開閉をワンアクションで出来るようになります。この戸先錠の内窓は従来の窓と形状が違うのでガラス破りをして中から鍵を開けようとする不審者を寄せ付けなくなります。

またプラマードUを設置すれば内窓によるその他の効果(断熱・遮熱・防音)も当然得られます。プラマードUは遮熱・断熱に優れた内窓なのでエアコン代の省エネに大いに役立ちます。

実際に一戸建ての住宅で全ての窓にプラマードUを設置したら暖房は約半分、冷房は約1/3の節約に成功しています。つまりプラマードUを設置すると年間を通して省エネすることが出来るという事になります。

 

まとめ

内窓は防音だけでなく断熱・結露防止・遮熱・防犯など様々な効果を発揮してくれます。リフォームも低コストかつ短時間で済むのでとても人気のあるリフォームとなっています。興味のある方はリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょうか。