隙間ができた窓をマドリモで交換リフォーム

↑リフォーム後

 

↑リフォーム前

 

築40年くらいになる在来工法の木造住宅です。サッシを閉めても、隙間が出来てしまうような状態でした。木造住宅では多くの場合、建物の重みで柱が下がってしまい、敷居の真ん中が膨らんでしまいます。そのため、左右どちらの戸も下側に隙間ができるケースが多くあります。地盤の悪い地域だと、建物全体が低いほうに曲がってしまい全部同じ方向に傾くケースもあります。

隙間ができた窓ですと、ガラスを変えたり、内窓を取付けたりといった工事をしても、窓の断熱性能の向上は期待できません。以前は、壁を壊して古いサッシを取り外さないと、窓の交換はできませんでしたが、今は壁を壊さないで窓を交換できる製品が出てきました。壁を壊さない工事なので、工事は数時間で終わり、費用も非常に安く済みます。写真のケースで約22万円です。

サッシは内側が樹脂になるので、触っても冷たくなくなります。ガラスは複層ガラスなのでしっかり断熱してくれます。夏の直射日光を遮るタイプもあります。網戸も新しくなります。何より軽く動いてきちんと閉まるので快適です。