複層ガラスの効果まとめ。中村建硝の取扱商品も紹介!

複層ガラスは2枚の単板ガラスと中空層によって既存の窓ガラスにはない様々な効果を得られます。今回は複層ガラスによって得られる効果のまとめと中村建硝で取り扱っている複層ガラスの効果についてご紹介します。

複層ガラスを入れることによって得られる効果

断熱:寒い時期でも室温を逃がさない

複層ガラスによって得られる効果の中でも最も大きい割合を占めるのがこの断熱効果です。冬の寒い時期による室温の低下を防いてくれます。室温の低下の主な原因は窓から入る冷気によるものです。窓は外と面しておりとても薄いので外気の影響を受けやすい傾向にあります。しかし複層ガラスを設置することにより中空層で空気の対流が発生します。対流によって外の冷たい空気の侵入を防ぐことが出来るので室温を暖かいままで保つことが出来ます。

結露防止:室温の低下と健康を守る

断熱性能の高い複層ガラスは結露の防止も得意としています。結露は空気が冷えて水蒸気が液体となり窓に付着した水分の事です。結露を放置しておくと室温の低下の原因になったり、ゴミやホコリに反応してカビを繁殖させてしまうので室内環境の悪化を招いてしまいます。結露の原因は室温の低下と湿気ですが断熱性能の高い複層ガラスは室温の低下を防ぐことができます。そのため冬の寒い時期であっても結露の発生を抑えてくれます。

遮熱:日差しと紫外線をカット

複層ガラスは断熱だけでなく遮熱にも効果があります。暑い季節に入ると外から室内へ窓を通って日差しが入り込むので室温が上がってしまいます。また紫外線が入り込むことで窓付近の家具が日焼けを起してしまう事もあります。複層ガラスは従来の窓ガラスよりも厚みがあるので日差しも紫外線も反射させて室内への侵入を防ぎます。そのため夏場でも室内が暑くなりづらいですし、家具の日焼け防止にも役立ちます。

防音:窓から入る騒音を防ぐ

自動車や通行人などによって発生された騒音は窓を通って室内へ侵入します。あるいは室内で発せられたテレビや楽器による大きな音が生活音として外に漏れてしまう事もあります。複層ガラスは社会問題にもなりかねない厄介な騒音を防ぐことができます。既存のガラスよりも厚みのある複層ガラスによって音の出入りを防ぎ、静かな室内環境を作り出してくれます

防犯:ガラス破りをさせない

泥棒や空き巣による住宅への侵入は窓ガラスが原因とされています。その理由は既存の窓ガラスは割れやすいため外から壊して鍵を開ければ簡単に中へ侵入できてしまうからです。防犯に特化した複層ガラスならば金属膜などの特殊な構造により従来の窓ガラスの様に簡単に壊せません。ガラス破りに時間がかかると泥棒は侵入を諦めるので防犯機能を備えていると言えます。

複層ガラスのメリットと特徴

メリット①:工事が簡単

一昔前の窓ガラスの工事はサッシや窓周辺の壁を取り壊してから新たな製品を取り付けていたのでとても大変で時間のかかる工事でした。しかし複層ガラスは既存のサッシにはめ込む形で取付工事を行います。厚さ9mm以下の製品であればそのままはめ込むことが出来ますし、それ以上の厚みがあっても専用のアタッチメントを使用すれば問題無く取り付けられます。そのため工事自体がとても簡単な行程で行われ、作業時間も1か所につき数時間程度で完了します。

メリット②:省エネで経済的

複層ガラスの断熱・遮熱効果はエアコン代の省エネに大きく貢献します。窓ガラスは外気と室温の気温差の影響を受けやすいので夏や冬を快適に過ごすためには大きなカギを握ります。複層ガラスは従来の単板ガラスよりも厚みがあるため外気の影響を受けずらくなります。そのため室温の上昇や冷え込みを防いでくれるのでエアコンの消費量を抑える事が出来ます。

特徴①:重い

複層ガラスは1枚で単板ガラス2枚(あるいは3枚)を使用しているので従来の窓ガラスよりも重いです。そのため窓を開け閉めする際にかなり負担がかかってしまいます。建付けがしっかりしていれば重くても問題無く動かすことは出来ますが、それでも以前に比べて動かし辛さは生じてしまうでしょう。特にリビングやベランダへの入り口などの頻繁に開閉を繰り返す窓は日常生活においてかなりの負担になり兼ねないので取り付けには注意が必要です。

特徴②:種類によって効果に違いがある

複層ガラスには様々な効果がありますが種類によって効果の程度が違ってきます。例えば中空層にアルゴンガスや真空層が封入されている製品は断熱性能に優れていますが防音や防犯効果はそこまで期待が持てません。逆に中空層に乾燥空気が入っている一般的な複層ガラスは高断熱ではないもののガラス自体の厚みを増すことで防音効果を上げる事が出来ます。一口に複層ガラスと言っても種類によって様々な特徴があるので、リフォームの際はそれらを見極めてご自身の希望に沿った複層ガラスを選ぶように心がけましょう。

中村建硝の取り扱い複層ガラス「スペーシア」効果まとめ

中村建硝では真空ガラス「スペーシア」と「クリアFit」を取り扱っています。まずはスペーシアが「断熱」「結露防止」「遮熱」「防音」においてどれだけの効果があるかをご紹介します。

スペーシアの断熱:特に優れている!

スペーシアの中空層には厚さ0.2mmの真空層が封入されています。これによってかつてない程の高い断熱性能を実現しています。スペーシアの断熱性能は単板ガラスの約4倍と言われています。冬の寒い時期になると室内の熱が窓から外へ移動して室温が低下していました。しかしスペーシアの真空層は熱の移動が限りなく少ないため室温の漏洩を防いでくれます。またスペーシアの中空層にはLow-e膜も貼られておりさらに断熱性能が上がっているので、北陸地方の様な寒い地域でも断熱効果を十分実感できます。

スペーシアの結露防止:大いに期待できる!

スペーシアは断熱性能がとても高いので結露防止にも役立ちます。従来の単板ガラスは室温20℃・湿度60%の室内環境の場合、外気が8℃以下になると結露が発生していました。しかしスペーシアの場合、同じ室内環境で外気が-23℃以下になるまで結露を防いでくれます。つまり理論上は日本国内の全ての地域において結露防止効果を発揮してくれることになります。

スペーシアの遮熱

スペーシアの真空層は夏場にも活躍します。夏は外の日差しが差し込むことで室温が上昇して蒸し暑くなってしまいます。従来の単板ガラスは日差しの88%を室内へ通していました。これに対してスペーシアは66%の日差ししか通しません。そのため夏でも室内が暑くなることを防いでくれます。

遮熱にはスペーシアクールがおすすめ

遮熱性能を上げたいのであれば遮熱に特化した製品「スペーシアクール」をおすすめします。スペーシアクールは日差しをわずか49%しか通さないので夏でも涼しい室内環境を保ってくれます。また紫外線も反射してくれるので窓付近に置かれた家具やカーテンの日焼けを防いでくれます。

スペーシアの防音

従来の複層ガラスは厚みがあるので防音効果がありました。しかし製品によっては中空層で音が共鳴してしまいかえって音が大きくなってしまうという事もありました。スペーシアは中空層が真空層になっているので音の共鳴は発生しません。スペーシアの防犯性能はJIS等級T-2に匹敵しており、これは厚さ8mmの単板ガラスや合計の厚さ18mmの一般的な複層ガラスと同等の遮音性能があることを証明しています。

 

総評:断熱はトップクラス

スペーシアの魅力は何といっても高断熱性能です。現在販売されている複層ガラスの中でもトップクラスの断熱性能を誇ります。そのため結露防止にも大いに貢献してくれます。高断熱による省エネも素晴らしく、既存の窓を設置した家庭と比較するとエアコン代を年間約40%もカットしてくれます。

中村建硝の取り扱い複層ガラス「クリアFit」効果まとめ

続いてクリアFitが「断熱」「結露防止」「防音」においてどれだけの効果があるかをご紹介します。

クリアFitの断熱:かなり優秀!

クリアFitもスペーシア同様中空層に0.2mmの真空層があります。これにより単板ガラスの2倍以上の断熱性能を実現しています。ただしクリアFitはLow-e膜が貼られていないためスペーシアに比べると断熱性能で劣ります。それでも寒さの厳しい北陸地方を除く地域ならば十分な断熱効果を発揮してくれます。

クリアFitの結露防止:十分期待できる

クリアFitは断熱性能が高いので結露防止にも役立ちます。クリアFitを設置した部屋では室温20℃・湿度60%の状態で外の気温が-5℃以下になるまで結露を防いでくれます。結露防止性能もスペーシアには劣りますが一般家庭では十分効果を発揮してくれるでしょう。

 

クリアFitの防音:スペーシアと同様

クリアFitの真空層は音を通さないので防音効果もあります。効果のほどはスペーシアと同じJIS等級T-2なのでまあまあ期待できます。ただしピアノなどの高音を発する楽器や地面を伝って来る重低音などは防ぐことが出来ません。

 

総評:スペーシアの下位互換。価格は安い

クリアFitは簡単に言うとLow-e膜が無いスペーシアです。そのため断熱・結露防止性能に優れていますがスペーシアより下回ります。それ以外(遮熱・防音・防犯)はスペーシアと同じです。クリアFitはLow-e膜が無い分価格が安いという特徴もあります。

内窓のガラスにおすすめ!

またクリアFitは内窓のガラスとして設置するのが最適です。複層ガラスの場合、強度や規則の関係で設置が許可されていない集合住宅もあります。内窓ならばそれらの条件も突破できるので設置できます。さらに内窓として設置した場合、内窓の中空層によって防音・防犯性能も同時に高めることが出来ます。

まとめ

複層ガラスは1枚で複数の効果を発揮してくれるし、工事も簡単なのでとても魅力的です。しかし製品によって性能に違いがあるので設置する前にしっかりと見極める必要があります。中村建硝で取り扱っている真空ガラス「スペーシア」と「クリアFit」は断熱・結露防止を得意としているので冬場の寒さに悩まされている方におすすめします。

中村建硝お問い合わせフォームへのリンク

https://ecomado.net/contact-2/