複層ガラスと合わせガラスの違い。それぞれの性能をご紹介!

複層ガラスと合わせガラスは2枚のガラスを使用した特殊構造の窓ガラスのことです。ではそれらの違いとは一体何なのでしょうか?今回は複層ガラスと合わせガラスの性能とそれぞれの違い、MADOショップ取手東店の取り扱い商品についてご紹介します。

複層ガラスの性能:中空層が決め手

まずは複層ガラスの性能についてご紹介します。

中空層がもたらす性能

複層ガラスは基本的に「単板ガラス・中空層・単板ガラス」の3層によって構成されている特殊加工された窓ガラスのことです。この特殊な構造によって従来の窓ガラスにはなかったいくつかの性能をもたらします。それらは「断熱」「結露防止」「遮熱」「防音」「防犯」などがあり、1枚の複層ガラスで複数の問題を解決できます。そのため複層ガラスはリフォーム業界でとても人気の高い製品となっています。

中空層は種類によって性能が異なる

複層ガラスの性能は中空層の中身によって大きく左右されます。一般的な複層ガラスの中空層は乾燥空気が入っており、これによって熱の移動を制限するので「断熱」「遮熱」などの性能をもたらします。

また高断熱複層ガラスと呼ばれる製品にはアルゴンガスが封入されています。アルゴンガスは乾燥空気よりも冷たい空気の影響を受けづらいため冬場の防寒対策として役立ちます。

さらに真空ガラスと呼ばれる複層ガラスもあり、これはその名の通り中空層が真空層になっています。真空層を封入する事で空気の流れを断ち切ってしまうのであらゆる複層ガラスの中でもトップクラスの断熱性能を保持しています。また、真空ガラスは、2枚のガラスが共鳴しないので、「遮音」効果に優れています。この様に複層ガラスは断熱性能に優れていることで有名な製品として知られています。

この他にもLow-e膜と呼ばれる透明な金属膜によって遮熱効果があったり、防犯膜を貼ることでガラス破りしづらい性質があったりします。そのため一口に複層ガラスと言ってもそれぞれの製品によって性能が大きく変わってきます。

合わせガラスの性能:頑丈さが魅力

続いて合わせガラスが持つ性能についてご紹介します。

中間膜によって貼り付けられたガラス

合わせガラスは「単板ガラス・中間膜・単板ガラス」という構造によって成り立っています。複層ガラスと同じで2枚のガラスを特殊加工によりくっつけていますが、中空層は無くそのまま貼り合わせているので複層ガラスより幅が薄くなっています。2枚のガラスは特殊な工法によって強力に接着されているので自力で剥がしたり自然と剥がれたりすることはありません。

とても頑丈で簡単に割れない

合わせガラスは中間膜によって優れた性能を発揮します。合わせガラスに使用されている中間膜はとても頑丈なポリカーボネート板だったり、ポリビニルブチラールという中間膜になっています。そのため合わせガラスはガラス破り防止が出来る防犯ガラスとしてよく使用されます。合わせガラスに鈍器などで衝撃を与えるとひび割れは生じてしまいます。しかし従来の単板ガラスと違い破片が飛び散らずに形を留めてくれます。その後もガラスを叩き続けても破片が飛散しにくく、最終的に穴を開ける事が出来たとしてもかなり時間がかかってしまいます。この性能を利用する事で泥棒や空き巣による住宅への侵入を防いでくれます。

泥棒と怪我から守ってくれる

ガラス破りをして住宅に侵入しようとする泥棒や空き巣はガラス破りに時間がかかると侵入を諦める傾向にあるので防犯にとても優れた性能を言えます。また合わせガラスはあらゆる衝撃に対して強いため、災害時のガラスの破片の飛散による怪我も防いでくれます

遮熱や騒音防止にも効果あり

合わせガラスはその他の性能も期待が持てます。合わせガラスの中間膜は紫外線をカットしてくれる性質も持っているので夏場にとても役立ちます。夏は日差しが厳しいため日光が差し込んで室内が熱くなってしまうのに加えて、紫外線によってカーテンや窓付近の家具が日焼けを起してしまう事があります。合わせガラスの中間膜は遮熱性能があるので日差しと紫外線の侵入を防いでくれるので室温の上昇と家具の日焼けを防いでくれます。

また合わせガラスは防音性能にも優れています。合わせガラスは2枚のガラスが使用されているので従来の窓ガラスよりも2倍以上の厚みがあることに加えて、中間膜によって音の通過を防ぐことが出来ます。そのため自宅付近で発生している騒音に悩まされている人は合わせガラスを設置すれば実生活の騒音問題の解消に役立つでしょう。

複層ガラスと合わせガラスの違いとは?

複層ガラスと合わせガラスは傍から見ると似た様な存在と思われがちです。しかし実際には両者の間には大きな違いがあります。

複層ガラス:中心に空気(中空層)がある

複層ガラスは2枚のガラスの間が中空層になっている点が最大の特徴です。そのため隙間の無い合わせガラスより厚みがあります。基本的に中空層には乾燥空気が入っていますが、アルゴンガスや真空層などが封入されている製品もあり、中空層の種類によって性能が大きく異なります。ほとんどの複層ガラスは断熱・遮熱性能に優れているので冬場や夏場での室温のコントロールを目的としています。

合わせガラス:中間膜で密着してある

合わせガラスは中間膜によって2枚のガラスが隙間なく貼り合わせられています。そのため複層ガラスより幅が薄くなっています。合わせガラスの中間膜は頑丈な性質があるので主に防犯・事故防止目的で使用されています。紫外線や騒音をカットしてくれることも大きなポイントです。

例外もあるので要注意

このように複層ガラスと合わせガラスは中間の構造が大きな違いとなっています。性能の違いは上記に挙げた通りですが、複層ガラスでも中空層に金属膜が貼られていて遮熱に役立つ製品はあります。逆に中空層が無い合わせガラスでもガラス自体が厚いため複層ガラスより幅がある製品もあります。それぞれの製品ごとに細かい特徴があるので詳細はメーカーのホームページなどで調べる必要があります。

それぞれの性能に合った使い分けを考える

複層ガラスと合わせガラスはそれぞれ違った性能があります。そのため自宅へ取り付ける際もそれぞれの性能に合った使い分けを考える必要があります。

複層ガラス:快適な室温と省エネを目指すのに有効

複層ガラスの主な特徴は室内の気温を快適にすることです。特に断熱性能には非常に優れているので冬場における室温の低下や結露防止に大きな期待が持てます。複層ガラスを取り付ければエアコンを使用しなくても快適な室温を保てるので省エネにも効果があります。月々の電気代・光熱費を節約したいのであれば複層ガラスがおすすめです。

設置する場所は冷え込みやすい場所だと効果を発揮してくれます。そのため寝室や家の北側にある窓を複層ガラスにすれば家全体の冷え込みを抑える事が出来ます。

また、夏場は、エアコンで冷やした空気を保ってくれる効果が期待できます。

合わせガラス:安全第一で施設向けでもある

合わせガラスは防犯・事故防止に役立ちます。ガラスの破損による破片の飛散を防いでくれるので住宅用として使用できますが、不特定多数の人々が行き来する事務所や商業施設などで使用されるケースもあります。自宅に合わせガラスを取り付けるならば泥棒がガラス破りをしやすい1階のリビングがおすすめです。

MADOショップ取手東店で取り扱っているガラスはどっち?

MADOショップ取手東店では複層ガラスを取り扱っています。複層ガラスの中でも真空ガラスに部類される「スペーシア」と「クリアFit」が取り扱い商品となっています。

真空ガラス「スペーシア」と「クリアFit」は中空層が幅0.2ミリの真空層となっており数ある複層ガラスの中でも全体の幅は薄い部類となっています。ただし真空層によって外気の影響を極限にまで抑えられているので断熱性能はトップクラスと言われています。特に「スペーシア」は中空層にLow-e膜も貼られているのでクリアFitよりも断熱性能に優れています。

「スペーシア」と「クリアFit」は既存のガラスを交換する際に有効です。また、「クリアFit」は内窓のガラスとして使用すると、断熱だけでなく防音効果も高いため好評です。

 

↓MADOショップ取手東店の真空ガラスはこちら

https://ecomado.net/window-vcm/

MADOショップ取手東店おすすめのアルミ樹脂複合窓について

MADOショップ取手東店では現在アルミ樹脂複合窓への交換を勧めています。そこでYKKのアルミ樹脂複合窓「マドリモ」についてご紹介します。マドリモは既存の窓をサッシごと交換して新たなサッシとガラスと設置する交換用の窓です。マドリモはサッシ・ガラスともに特殊構造になっているため様々な効果に期待が持てます。

アルミ樹脂複合フレーム

サッシは室外側にアルミ・室内側に樹脂を使用する事でアルミの耐久性と樹脂の断熱性能の両方を兼ね備えています。樹脂製のサッシはアルミの約1000倍もの断熱効果があるので冬でも室内を暖かく保ち、結露防止や省エネにも効果を発揮します。

選べる2種類の窓ガラス

窓ガラスは「一般複層ガラス」「Low-e複層ガラス」と「防犯合わせ一般複層ガラス」「防犯合わせLow-e複層ガラス」が選べます。「Low-e複層ガラス」は中空層にLow-e膜が貼られた複層ガラスで単板ガラスの約4倍もの断熱効果があります。「防犯合わせLow-e複層ガラス」は上記でご紹介した合わせガラスの性能を持っているので中間膜によって防犯・事故防止効果があります。取り付ける際はどちらか好きなガラスを選べます。また、Low-E複層ガラスは、日光の強い場所で効果を発揮する遮熱タイプもございます。

↓YKKマドリモについて

https://www.ykkap.co.jp/products/reform/madoremo/pvc_alumi/variation/lineup.html

↓YKKマドリモの見積もりはこちら

http://toride-higashi.madoshop.jp/shop/madoremo/

まとめ

複層ガラスと合わせガラスは中間の構造に大きな違いがあります。複層ガラスは主に断熱効果、合わせガラスは防犯・事故防止効果に期待が持てます。リフォームの際はそれぞれの窓ガラスが持つ性能を見極めて自分の希望にあった製品を選びましょう。YKKのアルミ樹脂複合窓「マドリモ」もおすすめです。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら

http://nakamura-genkan.com/works/