複層ガラスの樹脂窓が作る快適な室内環境

「冬になると、結露に悩まされる」
「夏はエアコンをつけているのに、室内の温度がなかなか下がらない」

このようなトラブルに悩まされているご家庭には、窓ガラスのリフォームで効果的に悩みを解決できます。

複層ガラスとは?

空気やガスを2枚のガラスで閉じ込めることで室内の熱を外に逃がさない構造になっています。
ガラスを2枚にするだけで、断熱効果は約2倍に高まります。

基本の複層ガラス 断熱+結露防止

 

複層ガラスは二重のガラスを使った窓ガラスのことです。2枚のガラスの間に、空気、又はガスが入っています。

追加機能の付いた複層ガラス
  • 防犯合わせ複層ガラス 断熱+結露+防犯+防災+防音+UVカット ガラスの間に強度と柔軟性が高い樹脂中間膜を挟み込んだ破壊されにくい防犯タイプの複層ガラスです。樹脂中間膜には、紫外線を99%かっとする効果もあります。
  • 格子入り複層ガラス 断熱+意匠性 2枚のガラスの間にアルミ格子、又は樹脂格子を入れた窓の表情を豊かに演出するデザイン性の高い複層ガラスです。
  • ブラインド入り複層ガラス 断熱+遮熱+結露防止 ガラスとガラスの間にブラインドが挟み込まれた複層窓ガラスです。ブラインドの開閉角度によって採光の調整とプライバシー確保ができます。
  • 強化複層ガラス 断熱+防災 衝撃強度が高く、普通のガラスより約3~5倍の耐風圧強度を持つ複層ガラスです。
  • 異厚複層ガラス 断熱+防音+結露防止 2枚の異なる厚さのガラスで高い遮音効果を発揮する複層ガラスです。内部の音を外に漏らさない、外部からの音を室内に侵入させない効果があります。

Low-E複層ガラスとは?

Low-E複層ガラスは複層ガラスの内側に「Low-E(低放射)金属膜」をコーティングした窓ガラスです。複層ガラスの約2倍の断熱効果を持っています。

Low-E複層ガラスには、構造の違いによって異なる機能を持つ2つのタイプがあります。お住まいの地域の気候や、窓の向きに合わせて、必要な効果のあるタイプを選べます。

  • 断熱タイプ Low-E金属膜が室内側のガラスについているタイプです。太陽の暖かさを取り込んで室内を暖かく保ちつつ、室内の暖かい空気を逃しにくくします。日の当たりにくい窓、寒冷地に適したタイプです。
  • 遮熱タイプ Low-E金属膜が室外側のガラスについているタイプです。夏は採光性を損なうことなく強い陽ざしを遮って室内を涼しく保ち、冬は室内の暖かい空気を逃しにくくします。西日が入る窓に適したタイプです。

複層ガラスにリフォームする方法

戸建ての住宅の窓を複層ガラスにリフォームする場合には、主に3つの方法があります。

  • 窓フレームごと交換する① 窓枠ごと交換する方法です。窓枠を取り外すための外壁工事が必要です。新しいサッシと複層ガラスの購入費用に加えて外壁工事と交換工事の費用が必要です。
  • 窓フレームごと交換する② いまある窓フレームの上から壁を壊さずに室内側から新しい窓をかぶせる方法です。
  • アタッチメント付きの複層ガラスを入れる 現在のサッシに複合ガラスを収められるアタッチメント付きの複合ガラスに入れ替える方法です。

かんたんマドリモで複層ガラスにリフォーム

YKK APのお手軽リフォームでは、マドリモで複層ガラスの窓にリフォームできます。

アタッチメント付複層ガラスとは?

アタッチメント付複層ガラスは、複層ガラスに現在の窓枠に収める為のアタッチメントがついている複層ガラスのことです。アタッチメント付複層ガラスは今ある窓フレームをそのまま使えますが、空気層があまりとれないので断熱性能が低いのと、アタッチメント部分がアルミなので結露しやすいのがデメリットです。

  • アタッチメント付複層ガラス 断熱+結露防止(Low-E複層ガラスにも交換できます。)いまある窓フレームを活かして、ガラスの部分だけを取替える後付型の複層ガラスです。
  • ブラインド入複層ガラス 後付型 既存のガラスが複層ガラスの場合に交換が可能です。断熱+遮熱+結露防止(Low-E複層ガラスにも交換できます。)ガラスとガラスの間にブラインドが挟み込まれた複層窓ガラスです。ガラスとガラスの間にブラインドが挟み込まれた複層窓ガラスです。ブラインドの開閉角度によって採光の調整とプライバシー確保ができます。ブラインドはホコリがつきやすく手入れが面倒ですが、ブラインド入複層ガラスの場合、2枚のガラスの間にブラインドが入っているので、面倒なお手入れが必要ありません。スラットのイロハグレイとアイボリー、アタッチメントの色はブラウン、カームブラック、プラチナステン、ピュアシルバー、ホワイトの5色が揃っているので、現在のフレームに合う色が選べます。

かんたんマドリモが手軽な理由

壁を壊さないのカバー工法なので、工事費を抑えられ、工事時間も半日程度です。

窓フレームごと交換する方法(プチリモ)とアタッチメント付複層ガラスを使う方法(マドリモ)の違い

どちらも複層ガラスによる効果は同じですが、窓枠による違いが発生します。

窓枠ごとアルミ樹脂複合フレームに交換すると複層ガラスとアルミ樹脂複合フレームによって、より断熱効果と結露防止が高まるのです。

アルミサッシと比べて樹脂窓は熱の伝わり方が1/1000しかありません。その為、結露防止に高い効果を発揮します。また、窓枠に仕込まれている気密シートと水密材によって雨水の侵入を防ぎ、マンは一水が浸入した場合にも排水経路から室外側に排出されます。結露防止と雨水防止によって、住宅の湿気による劣化が防げます。

断熱と結露防止が暮らしを快適にする理由

断熱

冬は暖かい空気を外に逃がさない、夏は外の熱を内部に侵入させないことによって、冬暖かく夏は涼しい室内環境を作り出します。住宅内への熱の出入りのほとんどは、外壁や屋根ではなく、窓や玄関からです。その為、窓の断熱性能を上げると、暖房やエアコンをつけている部屋と、つけていない廊下や浴室などとの温度差が少なくなります。その結果、快適な室温を維持することと、ヒートショックなどの健康リスクを減らすことができます。

また、断熱性の高さは冷房や冷房にかかる費用を抑えられるので、家計のやりくりにも貢献します。

結露防止

結露は窓ガラスに水滴がついて窓枠が濡れてしまうという目に見えるトラブルだけではありません。結露によって室内の湿度が上がってしまう為、ダニやカビが発生しやすい環境になってしまいます。特にお子様やお年寄りのいる家族では、健康に悪影響が出てしまう恐れがあります。また、湿気が建物の構造部に侵入すると、住居自体が劣化してしまう恐れがあります。

簡単リフォームで複層ガラスに交換してみませんか?

窓ガラスを複層ガラスに変えるだけで、暮らしはずっと快適になります。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら

http://nakamura-genkan.com/works/