ヒートショックと断熱窓の関係

寒くなってくると、話題に上ることの多いヒートショックですが、ヒートショック対策はされていますか?家族に高齢者がいるご家庭では、冬が来る前にヒートショック対策をしておきましょう。

ヒートショックはなぜ起こる?

ヒートショックの原因は、冬の寒さが引き起こす2つの問題点の組み合わせによっておこります。

  • 寒さが引きおこす体の変化 寒さで血管が収縮しやすいので、血圧が高くなりがちです。
  • 寒さが引き起こす家の中の環境の変化 暖房によって家の中に温度差が生じている

寒さを緩和する為に、家の中では暖房がつけられます。家の中全てが均等に暖かくなれば問題はありません。でも、多くの家では、リビングや寝室などの暖房がついている部屋と、浴室、トイレ、玄関、廊下などの暖房がついていない場所との温度差が大きいのです。

室温が28度の暖かい部屋で寛いでいた人が、8度~10度の廊下を通り、脱衣室に行って服を脱ぎ、浴室に入ります。温かい部屋と廊下~浴室の温度差は20度近くありますので、血管が収縮して血圧が上がります。

湯船に入っている湯温が40度程度だった場合、血管が急に広がり、血圧が急激に下がってヒートショック現象を起こしてしまいます。
健康な若い人であれば、血管がしなやかで柔軟性があるので、急激に血流が変化しても、血管事故がおこるリスクはほとんどありません。しかし、30代後半を過ぎると、血管は動脈硬化が進行し始め、血管の内部にコブができることに加えて、硬くもろくなっていきます。その結果、しなやかさ他弾力性を失うので、血流の急激な変化に耐えられなくなり、切れたり、詰まったりしてしまうのです。
そして50代から60代にかけては、血管事故のリスクは上昇していきます。つまり、70代、80代の高齢者ではなくても、ヒートショックのリスクが全くないわけではないのです。

入浴中の事故死は増加傾向

厚生労働省の統計によると、家庭の浴槽での溺死者数は、平成27年に4,804人にも上りました。この数字は平成 16 年の 2,870 人と比較すると、 11 年間で約 1.7 倍に増加したことになります。このうち約9割が 65 歳以上の高齢者です。

浴室は寒いと思っている人が約7割

リンナイが行なった浴室に関する調査では、寒いと答えた人が23パーセント、やや寒いと答えた人が46パーセント、合わせると約7割に人が多かれ少なかれ寒いと感じています。さらに、お湯の温度は42度以上にするという人が約4割、41℃、40℃はそれぞれ約2割でした。
また、ヒートショックに関する意識調査では、多くの人がヒートショックは急激な温度の変化によっておこる、高齢者に多い、冬の寒い時期に浴槽でおこるということを理解しているという結果が出ています。
にもかかわらず、浴室は寒い、脱衣室も寒い、と答えている人が7割、シャワーやかけ湯は身体の中心からかけると答えた人は半数以上もいます。
この調査結果から、浴室での血管事故が多発している原因が判るような気がします。

ヒートショックを予防する為に必要なこと

  • 入浴前に脱衣室と浴室を約20度に暖める
  • 湯温は40度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にする
  • シャワーやかけ湯は手先、足先からする
  • 湯船にすぐ全身でつからず、足から順に浸かる
    湯船から上がるときも一気に立ち上がらず、上半身から順にゆっくり上がる(座れる部分がある浴槽が理想的)
  • 食後、飲酒後、深夜の入浴は控える
  • 入浴前と入浴後にコップに1杯水を飲む(脱衣室に置いておくと良い)

断熱窓がヒートショックのリスク低下に役立つ理由

ヒートショックのリスクを低下させる為に必要なことは、暖房で温められた部屋の温度と、浴室や脱衣室の温度差を少なくすることです。
そして、家の中の温度差を無くすためには、熱の出入りが最も大きい窓の断熱性を上げることが大切です。

特に浴室は暖房をしていない上に、開口部の割合が部屋の大きさに対して大きいので、窓が冷たいと体感温度も下がります。
断熱窓にして、暖房をしていない部屋や廊下も18℃以下にならないようにしておけば、血管事故のリスクを押さえられます。

浴室の断熱リフォーム

浴室を暖かくする為には、いくつかリフォーム方法がありますが、最も効果的なのは断熱窓への交換リフォームです。

在来工法の断熱リフォーム

在来工法のまま、断熱リフォームをしたい場合や、浴室のサイズが適応せず、ユニットバスへの交換ができない場合に行うリフォームです。
具体的には、断熱窓への交換、断熱浴槽への交換、パネルの上張り、保温性のある床材への張替えなどがあります。

この中で浴室内全体の温度を確保する為に最も効果的なのは窓の交換です。断熱浴槽は、湯温を維持する為に役立ちますが、浴室内の温度維持には繋がりません。

パネルの上張りは、見た目がきれいになり、掃除が楽になりますが、浴室内の温度維持には繋がりません。パネルの内側に断熱材を入れる工事はできないからです。もし壁に断熱材を入れる工事をするとなれば、既存の壁を取り外さなくてはならなくなるので、大掛かりな工事になり、費用も嵩みます。保温性のある床材への交換は、足裏がヒヤッとしなくなりますが、浴室内の温度維持には繋がりません。

予算的に、すべての工事ができない場合には、断熱窓への交換が最優先事項です。断熱窓への交換が最も断熱効果を上げます。

ユニットバスのリフォーム

通常は浴槽の交換と、壁、天井に断熱材を入れる工事が行われます。壁、天井に断熱材を入れる工事はユニットバスへの交換時にしかできませんので、効果が高まります。

しかし、これだけでは完璧な断熱はできません。なぜなら、室内の暖かさの半分以上は窓から失われていくからです。熱の流出量のうち、壁からの割合は、19パーセント、屋根からはわずか5パーセントです。窓の断熱をしなければ、せっかくユニットバスにして、天井や壁に断熱材を入れても、湯温が維持され、足裏がひやっとしなくなるだけで、浴室は寒いままなのです。

したがって、浴室をユニットバスへのリフォームをする場合、又は、ユニットバスに交換したにもかかわらず寒いと感じている場合には、断熱窓への交換が最も断熱効果を高める方法です。

断熱窓の中でも最も断熱効果が高いのは樹脂窓+Low-E複層ガラス

断熱窓

樹脂窓とは、サッシ部分が樹脂の窓です。窓ガラスを複層ガラスにするだけでも、断熱効果は上がりますが、サッシが樹脂で作られている樹脂窓には非常に高い断熱効果があります。

樹脂は、アルミに比べて熱の伝導率が低い為、一般的に多く使われているアルミサッシに比べて、はるかに断熱効果が高いのです。その他、アルミサッシの窓に比べて、窓から逃げる暖かさの量をわずか20パーセントに抑えられます。窓本体が冷えにくいので、室内の広さに対して窓の割合が大きい浴室であっても、体温度が上がり、寒さを感じにくくなるという効果もあります。

Low-E複層ガラス

樹脂窓の断熱効果をさらに高めるのは、Low-E複層ガラスとの組み合わせです。Low-E複層ガラスとは、2枚のガラスのうち、室内側のガラスにLow-E金属膜がコーテイングされているガラスです。寒い冬でも、暖かい太陽の光を十分に採りこみ、室内の暖かさを外に逃がさない働きをします。結露の発生も抑えるので、浴室に発生しやすいカビも抑えられます。浴室の窓に採用する場合には、型ガラスを選べます。

具体的なリフォーム方法

断熱窓へのリフォームには大きく分けて3つの方法があります。

内窓取り付け

かんたんマドリモ 内窓 プラマードU

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。今ある窓と新しく取り付ける内窓の間にできる空気層が熱の伝導を抑え、断熱効果を発揮します。樹脂のサッシなので、アルミに比べて、僅か1000分の1の熱伝導率です。約60分のかんたん施工で窓の断熱性が高まります。
浴室のリフォームにはユニットバス用と、在来工法用と2種類の仕様が用意されており、内窓なのでマンションの浴室にも取り付けられます。

かんたんマドリモ 内窓 プラマードLite U

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームですが、かんたんマドリモ 内窓 プラマードUとの違いは奥行きの寸法です。Lite Uの奥行き寸法はわずか40mmなので、窓枠内にすっきり納まり、室内への出っ張りを抑えます。プラマードLite Uも約60分のスピード施工です。
また、新しい窓と今ある窓の間に、ブラインドを取り付けられますので、浴室のプライバシーが確保できます。

内窓取り付けリフォームのお見積りはこちらから

窓交換

かんたんマドリモ 断熱窓 浴室仕様

今ある窓を新しい窓に交換するリフォームです。窓の大きさが合わない場合には、引違い窓と断熱パネル入FIX窓の連窓や段窓を使って、窓を最適な位置に配置できます。

窓交換リフォームのお見積りはこちらから

窓ガラス交換

アタッチメント付複層ガラス

いまある窓フレームを活かして、ガラスの部分だけを取替える簡単リフォームです。ガラスにアタッチメントがついているので、今あるサッシをそのままにガラスだけを交換できます。工事は約30分で完了します。アタッチメントの色はブラウン系、ブラック系、シルバー系など6色揃っているので、現在使っているサッシの色と調和するアタッチメントが選べます。
プレーンな複層ガラスの他に、断熱効果がより高いLow-E複層ガラスも選べます。
その他にも、Low-E複層ガラスではなくなりますが、浴室でのプライバシーを確保したい場合には、ブラインド入り複層ガラスもあります。もちろん複層ガラスなので高い断熱効果があります。

アタッチメント付複層ガラスへのお見積りはこちらから

真空ガラススペーシア

日本硝子の真空ガラス スペーシアは厚さがわずか6.2ミリしかありません。その為、今使っているサッシにアタッチメントなして交換でき、サッシの撤去費用もかかりません。2枚のガラスのうちの1枚にLow-E金属膜がコーティングされているので、太陽の暖かさを取り入れ、室内の暖かさを逃さしません。

真空ガラスへの交換リフォームのお見積りはこちらから

断熱窓への交換は少ない費用で最大限の断熱効果を上げられる浴室リフォームです。本格的な寒さが到来する前に、快適な入浴と、家族の健康維持の為に、ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

浴室のリフォームをお考えなら、断熱窓への交換リフォームがおすすめです。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。浴室の窓を断熱性能の高い窓に変えるだけで、冬のお風呂はとても快適になります。

せっかく暖かいシステムバスにリフォームしたのに、やっぱり寒いと感じていらっしゃる場合には、ぜひ窓も断熱窓に交換してください。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 エコ窓専門店(中村建硝)はこちら

http://nakamura-genkan.com/works/