断熱窓で窓も冬支度 結露を防ぎましょう!

そろそろ寒い季節が近づいてきました。冬になると、気になるのが窓ガラスの結露です。窓を拭き掃除したり、窓枠にタオルを敷いたりしても、次の朝になればまた結露が発生してしまいます。

そんな毎日が始まる前に、今年こそ冬が来る前に結露対策をしておきましょう。

結露が発生する理由

暑い日に冷たいビールをグラスに注ぐと、グラスの表面につく水滴は、冷たいビールのおいしさを予感させる嬉しい結露ですが、陽が落ちると洗濯物が湿ってしまったり、ラーメンを食べた時にメガネが曇ったりするのは、迷惑な結露です。

このような結露は、結露の中でも表面結露という種類です。表面結露が発生する理由は、室温で温められた空気中の水分が、窓ガラスやグラス、メガネなどの冷たいものに触れた時に、水滴に変わるからです。

冬の窓ガラスに結露は、暖房で温められた空気中の水分が外気の冷たさで温度の下がった窓ガラスに触れて発生します。窓ガラスは家を構成する建材の中で、最も薄い為、外気の影響を受けて表面温度が下がりやすいのです。

さらに空気中の水分は、均等ではありません。水分量の多い箇所と少ない箇所があります。すると空気中の水分は、水分量が少ない空気があるほうへと移動し続けます。つまり、浴室やキッチンで発生した空気中の水分は、常に窓に向かって動き続けているということです。

そして結露には目に見えない内部結露もあります。内部とは住宅の壁の内側でおこる結露です。暖房で温められた空気中の水分が、同じように温められている壁を通り抜けて、外気で冷たくなっている外壁材に触れて発生します。

結露が引き起こすこと

結露は、窓ガラスに水滴がつくだけなく、人間の健康にも、家の寿命にも悪影響を与えます。

人間の身体に与える健康被害

 

窓ガラスに発生する表面結露は、室内の湿度を高くします。室温が25度以上、湿度が75度以上に上がると、カビが好む環境が生まれてしまいます。さらに、カビは壁や床に使われている石油を原料として化学的に合成された建材を好みます。

結露によってカビが繁殖しやすい環境が調えられてしまい、カビが繁殖すると、カビを餌にして増殖するダニも発生してしまいます。

カビが引き起こす健康被害

カビは、味噌や醤油などの発酵食品に使われてきたコウジカビのような人間にとって有益な働きをするカビもありますが、健康に悪影響を与えるカビもあります。

  • 肺アスペルギルス症 カビの一種であるアスペルギルス・フミガーツスが引き起こす肺や気管支の病気です。せきや喀痰、胸痛、呼吸困難などの症状がおこり、病状が進行するとカビの塊が肺の中にできてしまう肺アスペルギローマになってしまうこともあります。
  • 侵襲性肺アスペルギルス症 カビが血管内に入り込み、臓器を侵す病気です。副鼻腔炎や外耳道炎を起こすこともあります。
  • 黒色真菌症 カビの一種である黒色真菌(浴室など湿度の高い場所に発生する黒いカビ)に感染し、皮膚が角化したり周囲が炎症を起こしたりする病気です。ごくまれに肝臓や脳に転移することもあり、皮膚真菌症のなかで最も治りにくい怖い病気です。
  • 白癬 カビの一種である皮膚糸状菌(白癬菌)に感染して発症する皮膚の病気です。
  • 気管支喘息・アレルギー鼻炎 カビの一種であるアルテルナリアによって発症する呼吸器系の病気です。
  • 夏型過敏性肺炎 カビの一種であるトリコスポロンよって発症する呼吸器系の病気です。
  • ムーコル症 カビの一種であるケカビ目の胞子を吸い込むと発症する鼻や副鼻腔の病気です。糖尿病の人が発症した場合、命に係わる恐れもあります。

ダニが引き起こす健康被害

カビを餌にして増殖するダニも、人間に健康に悪影響を与えます。

ダニにはいろいろな種類がありますが、家の中に発生するダニはチリダニやコナダニです。これらのダニは刺したりすることはありませんが、ダニの死骸やフンがアレルゲンになります。その為、アトピー性皮膚炎やぜん息などのアレルギー体質の人の症状を悪化させる引き金になってしまいます。

結露が与える家への悪影響

結露による湿気が家の構造部にまで及んでしまうと、木材が腐食してしまう恐れがあります。結露の被害を受けやすい場所は窓枠の下地材と壁の中です。

窓ガラスに発生した表面結露の水分がサッシの隙間から下地材に浸透してしまうのです。その結果、壁の内部の断熱材が湿気を帯びてカビが生えてしまうこともあります。

また、壁の中に内部結露が発生すると、湿気を好むシロアリが繁殖してしまう恐れもあります。

結露を防ぐ為の対策

 

家族の健康を守るためにも、家の寿命を守るためにも、結露対策は大切です。具体的にはどのようなことに気をつけるべきなのか確認していきましょう。

  • 換気 こまめな換気で家の中の水分を外に逃がすことが大切です。入浴、調理、加湿器、開放型暖房機、観葉植物などはどれも室内の水分(水蒸気)を増やします。換気をして水蒸気を外に逃がしましょう。
  • エアコンや電気ヒーターで暖房する 石油ストーブやガスファンヒータなどの暖房器具は、部屋を暖めると同時に大量の水蒸気を発生します。その為、室内の湿度を高くしてしまいます。エアコンやハロゲンヒーターは、水蒸気が発生しないので、室内の湿度を上げることはありません。

最も有効な結露対策は窓のリフォーム

家の中の結露は、家の中の暖かさと、外気の冷たさの温度差によって発生します。温度差が大きければ大きいほど、結露の量は増えます。

もし、室内の温かさと外気の冷たさの間を遮り、熱の出入りを妨げることができれば、結露は発生しません。

家の中で窓ガラスに結露が多く発生する理由は、壁や屋根に比べて、窓は薄い為、室内の暖かさと外気の冷たさを遮る率が低いからです。

ガラス自体は熱伝導率が高いわけではなく、コンクリートの熱伝導率が1,63W/(m K)であるのに対して、1W/(m K)しかありません。しかし、採光性や透過性を損なわない為、ガラスは薄く、平均5mm程度で作られています。その為、物質としては熱伝導率がコンクリートより低いので、熱の出入りをさせてしまうのです。

それに加えて、窓枠であるアルミサッシは、221 W/(m K)と非常に熱伝導率が高い為、外気の冷たさに強く反応してしまいます。

家全体の熱の出入りを比較してみると、流出する熱のうち、屋根からは5パーセント、床からは9パーセント、換気扇15パーセント、外壁19パーセントという割合です。最も熱流出が多いのは窓で、52%もの熱が失われていきます。

従って、最も効率の良い結露防止方法は、窓ガラスの交換です。

現在日本の住宅で最も多く使われている単板ガラスとアルミサッシの組み合わせは、窓ガラスの中で最も熱の流出の大きいタイプです。

このタイプの窓を熱の出入りを防ぐタイプの窓にすれば、非常に効率よく結露対策ができます。

熱の出入りを効率的に抑える樹脂窓へのリフォーム

窓ガラスの交換には大きく分けて3つの方法があり、熱の出入りを低下させる効率も異なります。

窓交換

今ある窓枠を壊さず、窓を交換するリフォームです。

  1. トリプルガラス樹脂窓

今ある窓枠を壊さず、樹脂フレーム + トリプルガラスの窓に交換するリフォームです。窓リフォームの中で最も高い断熱性が実現でき、結露が防げる窓です。

  • トリプルガラス 3枚のガラスの間に、ガラスとして最も断熱効果の高い厚さ16㎜の中空層を設け、アルゴンガスが封入されています。防犯合わせLow-Eトリプルガラスも選べます。
  • 樹脂フレーム アルミの約1000倍熱を伝えにくい樹脂製のサッシです。従来の樹脂窓よりさらに熱を伝えにくいフレームの中空層の多いマルチチャンバー構造が採用されています。
  1. 樹脂窓

今ある窓枠を壊さず、樹脂フレーム + Low-E複層ガラスの窓に交換するリフォームです。

  • Low-E複層ガラス 2枚のガラスの間の空気層と内側に金属膜コーティングされたガラスによって熱の出入りを抑えるので、単板ガラスの約4倍の断熱効果があります。真空トリプルガラス、防犯合わせLow-E複層ガラスも選べます。
  • 樹脂フレーム アルミサッシの約1000倍も熱を伝えにくくします。
  • ガスケットレス カビの発生を抑えるので、清潔な窓辺を維持できます。
  1. アルミ樹脂複合窓

今ある窓枠を壊さず、アルミ樹脂複合フレーム + Low-E複層ガラスの窓に交換するリフォームです。

  • Low-E複層ガラス  2枚のガラスの間の空気層と内側に金属膜コーティングされたガラスによって熱の出入りを抑えるので、単板ガラスの約4倍の断熱効果があります。防犯合わせLow-E複層ガラスも選べます。
  • アルミ樹脂複合フレーム 室内側が樹脂、室外側はアルミの組み合わせサッシです。

窓交換のお見積りはこちらからどうぞ

内窓取り付け

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。

  • プラマードU アルミサッシの約1000倍も熱を伝えにくい樹脂サッシと2枚のガラスの間の空気層と内側に金属膜コーティングされたガラスによって熱の出入りを抑えるLow-E複層ガラスを組み合わせた窓ガラスを、今ある窓の内側に取り付けます。今ある窓がアルミサッシであっても、内側が樹脂サッシになるので、熱の出入りを抑え、結露を防ぎます。
  • Lite U プラマードUと同じだけ熱の出入りを抑えることができ、同じく内側に窓を取り付ける方法です。奥行きがプラマードUに比べて小さく、40mmに抑えられているので、浴室やキッチンなどの窓交換に向いています。

内窓リフォームのお見積りはこちらからどうぞ

窓ガラス交換

アタッチメント付複層ガラス 今ある窓フレームのまま、アタッチメントのついた複層ガラスを今あるサッシに取り付けるリフォームです。

  • 複層ガラス 熱の出入りを抑えるスタンダードな複層ガラスです。
  • Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)  金属膜コーティングされたガラスによって熱の出入りを効率よく抑え、夏には日射熱を50パーセント遮断します。
  • Low-E複層ガラス(断熱タイプ) 金属膜コーティングされたガラスによって熱の出入りを効率よく抑え、寒い時期には室内の暖かさの流出を抑えます。
  • ブラインド入複層ガラス 2枚のガラスの間にブラインドが挟まれた複層ガラスです。ブラインドの角度を調整して採光や外からの視線をコントロールできます。

アタッチメント付複層ガラスのお見積りはこちらからどうぞ

  • 真空ガラススペーシア 1枚ガラスとほぼ同じ厚さの高断熱真空ガラスです。薄いながら効率よく熱の出入りを抑え、結露を防ぎます。

真空ガラススペーシアのお見積りはこちらからどうぞ

結露対策をお考えなら、断熱窓への交換リフォームがおすすめです。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。窓を断熱性能の高い窓に変えるだけで、結露は抑えられます。

もちろんそれだけではなく、暖房の効率が良くなり冬の室内が暖かく快適になります。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 エコ窓専門店(中村建硝)はこちら

http://nakamura-genkan.com/works/