窓からの隙間風に対処してお部屋を暖かく

冬になると、窓からの隙間風で暖房をつけているにもかかわらず、室内がなかなか暖まらないことがあります。また、風の強い日には、隙間風のおこす笛鳴り音がよけい寒さを感じさせます。寒い部屋は居心地が悪く、隙間風のおこす音は安眠を妨害することさえあります。居心地の良い部屋、ゆったりした睡眠の為に、隙間風に対処する方法について考えてみましょう。

隙間風が発生する原因

  • 温度差が起こす自然換気

暖かい空気には上に、冷たい空気には下に移動するという性質があります。その為、暖房の暖かさは上に、隙間からの冷気は下に溜まり、部屋の中に温度差が生じます。さらに上に行った暖かい空気は、窓上部の隙間から外に逃げてしまいます。

その結果、室内の空気が少なくなる為、窓下部の隙間から冷たい空気、つまり隙間風が引き込まれてくるのです。温度差が大きい部屋ほど隙間風が発生しやすく、隙間風が発生するほど温度差が大きくなるという悪循環がおこります。その為、暖房をつけているのに部屋が暖まらないという状況になってしまいます。

  • サッシ

居室の窓に設置されている窓のほとんどは引き違い窓です。引き違い窓はもともと締め切っていてもわずかな隙間がある構造ですが、それは強い風が吹き込むほどの隙間ではありません。サッシにはゴムパッキンなど気密性を高める為の部品がついているのからです。

しかし、窓に不具合があったり、レールにゴミや砂ぼこりが溜まったりしていると、気密性が低下し、隙間風の量が増えてしまいます。

窓の不具合には、部品の経年劣化や、建物の歪みなどの深刻な問題が原因になっていることもありますが、ホコリやごみが部品の隙間に溜まってしまっていることもあります。

  • 戸車の高さがずれている 窓の下部には窓を開け閉めしやすいように、戸車という丸い部品がつけられています。この戸車の高さがずれていると、窓が傾いてしまうので、隙間ができるので、隙間風が発生する原因になってしまいます。戸車の調整の後にはクレセント錠の調整も必要になることがあります。

→ プラスドライバーをネジ穴に差し込み、調整ネジをまわして戸車を上下に調整します。この作業をする際には窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがありますので、ネジは絶対にはずさないでください。

お使いの窓がYKKの製品である場合、窓のタイプによって調整方法が異なります。調整する場合は、製品に合わせた調整方法を確認した上で行ってください。 YKKの製品別調整方法

  • クレセント錠がずれている クレセント錠とは2枚のガラスの中央にある鍵のことです。このクレセント錠の、本体部分と受け部分の位置がずれていると、2枚の引き戸がぴったりと合わなくなります。その結果、隙間ができるので、隙間風が発生する原因になってしまいます。戸車の調整の後にはクレセント錠の調整も必要です。

→ クレセントの上下調整方法 クレセント錠の施解錠を行うノブの下にはトリガーというでっぱりがあります。トリガーを指で押さえながら、ノブを中央位置までまわしてカバーを外します。内部にある上下のネジをプラスドライバーで反時計回りにまわし、クレセント受けにかみ合うよう高さを調整します。プラスドライバーを時計回りにまわしてネジをしめ、カバーを取り付けます。

この作業をする際には窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがありますので、ネジは絶対にはずさないでください。

→ クレセント受けの左右調整方法 カバーを取りはずし、プラスドライバーを反時計回りにまわして上下のネジをゆるめ、クレセントがかみ合うように調整します。

この作業をする際にはネジが紛失したり、部品が落下したりするおそれがありまので、ネジは絶対にはずさないでください。

YKKの窓のクレセントの調整方法

  • 気密部品がずれている 窓の下部とレールの間には、隙間を塞ぎ、雨や風が侵入しないようにする為に風止板という部品と窓とレールの間の隙間風を防ぐ為の下部摺動片という部品がつけられています。この部品が経年劣化すると、隙間が空きすぎてしまい隙間風が発生する原因になってしまいます。

→ プラスドライバーで反時計回りにまわし固定ネジをゆるめます。次に下部摺動片とレールとの間にスキマができないように調整します。ただし、下げすぎるとレールにひっかかりやすくなり、開閉時のガタツキの原因になります。窓の開閉を試しながら位置を決めます。この作業をする際に、窓内部の部品がはずれ元に戻せなくなるおそれがありますのでネジは絶対にはずさないでください。

YKKの製品別調整方法

調整しても改善されない場合は、経年劣化によって気密部品にねじれや縮み、ひび割れ、ちぎれが生じている恐れがあります。そのような場合には部品の交換が必要ですので、専門業者にご依頼ください。

  • 建物の歪み 家自体に経年劣化による歪みが生じている場合にも、窓枠が傾き、隙間ができてしまい隙間風が発生する原因になってしまいます。

このような場合には、建築会社、窓の販売店など、専門業者にご依頼ください。

ここでは、YKKの製品を例に挙げて、調整方法を簡略にご紹介しましたが、戸車やクレセント錠のずれであっても、専門の業者に依頼する方が安心です。

窓の性能

ずれを調整したにもかかわらず、冷たい風が入ってくる、部屋が暖まらないという場合には、窓の性能が原因です。隙間風ではない冷たい空気は、コールドドラフト現象によって発生します。

室内で最も温度が低い場所は窓です。窓は壁や屋根、床に比べてはるかに薄い為、外気の冷たさの影響をもろに受けてしまうからです。同じ理由で暖房によって暖めた空気も窓を通して逃げていてしまいます。屋根から5パーセント、床から9‐パセント、換気から15パーセント、外壁から19パーセントが流出しますが、窓からはそのどの部分より多い52パーセントもの熱が逃げていきます。

その為、冬場の場度ガラスはとても冷たくなっています。そして、空気には暖まると上に冷えると下に移動する性質があります。通常、暖房の暖かい空気は、室内の家具や壁にあたって反射し、室内を暖めます。ところが窓にぶつかった暖かい空気は、窓ガラスが冷たいので反射せず、下に降りて行ってしまいます。その結果、起こるのが、足元に隙間風が入っているような冷たさを感じてしまうコールドドラフト現象です。

このような現象を起こさない為には、窓の断熱性能を上げる必要があります。窓の断熱性能は窓ガラスとサッシの種類によって変わります。

  • 樹脂サッシとLow-E複層ガラスの組み合わせ 

最も断熱効果が高い窓です。樹脂サッシは、アルミサッシに比べてはるかに高い断熱性能を持っています。樹脂で作られたサッシは、熱を伝えにくい性質があることに加えて、気密性を高めるサッシの構造になっているからです。

  • アルミサッシと複層ガラス

単体ガラスに比べると、断熱効果が上がります。

隙間テープで十分ですか?

サッシに隙間テープを貼ると隙間風は抑えられます。でも、窓ガラスが冷たくなることは防げません。その為、暖かい空気が冷たい窓ガラスにあたって下に降りて行き足元を冷やす現象や、結露を防ぐことはできません。さらに隙間風や結露以外にも、断熱窓への交換にはいろいろなメリットがあります。

  • 隙間風やコールドドラフトが防げる…暖かく快適な部屋になる
  • 結露が防げる…結露によって住宅の構造部に水分が入り込み劣化することを防ぎ、家の寿命を長くする
  • アレルギーを防げる…結露はカビを発生させます。カビが発生すると、飼いを餌にしてダニが増殖します。その結果、呼吸器系や皮膚のアレルギーが起きてしまうことがあります。断熱窓で結露が抑えられれば、このような症状の発生を抑えることができます。
  • 美肌になる…冬の肌が乾燥しやすいのは、外気の冷たさだけではありません。結露によって室内の水分量が減り、乾燥していることも原因です。結露が抑えられると、室内の水分量ご減少も抑えられ、肌の潤いも保たれやすくなります。
  • 燃料費や電気代が節約できる…冬だけではなく、夏には太陽の熱の侵入を抑えるので、冷暖房の効率が良くなります。その結果、電気代、灯油代、ガス代などを節約できます。窓の種類やお住まいの地域によって差はありますが、年間で冷暖房費を8パーセント~29パーセント削減できます。
  • ヒートショックのリスクを抑える…冬になると高齢者のヒートショックによる事故が増えますが、これは家の中の温度差が原因です、断熱窓にすると、家の中の温度差が抑えられるので、ヒートショックの発生を抑えます。

断熱窓のリフォームをする方法

以前は窓のリフォームは壁を壊すなどの大工事が必要でした。その為、費用も日数もかかるので、窓ガラスの補修は、窓ガラスが割れた時にガラス交換をする程度でした。

しかし、今では壁を壊すどころか、サッシをそのまま使い、ガラス交換するだけでも断熱窓にリフォームできます。より高い断熱性能を求めるのであれば、二重窓にする方法もあります。

数時間で終わり、大きな工事音も発生しません。手軽に断熱リフォームができます。断熱窓のする方法を具体的に確認しておきましょう。断熱窓へのリフォームには主に4つの方法があります。

アルミサッシのまま複層ガラス、又はLow-E複層ガラスに交換

今使っているアルミサッシからガラスを外し、アタッチメント付き複層ガラスに交換します。

窓ガラスだけを交換する

今あるサッシにそのまま交換できる薄い複層ガラスに交換します。

サッシごと交換

複層ガラス、又はLow-E複層ガラスと樹脂サッシが組み合わされた窓と、今使っているアルミサッシと単体ガラスの窓を交換します。

窓の大きさが合わない場合には、引違い窓と断熱パネル入FIX窓の連窓や段窓を使って、窓を最適な大きさにし、最適な位置に配置できます。

内窓をつけて二重窓にする

今ある窓はそのままにし、内側に複層ガラス、又はLow-E複層ガラスと樹脂サッシが組み合わされた窓をつけ、二重窓にします。

隙間風をのない暖かい家にするなら断熱窓へのリフォームをおすすめします。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら

http://nakamura-genkan.com/works/