真空ガラスと複層ガラスはどう違うの?

「結露を防ぎたい」

「冷暖房の効率を良くしたい」

水滴のついた窓ガラスを見た時、暖房をしているのに足元がスースーする時、エアコンをつけているのに寝苦しい時に感じる暮らしにくさを解決する為にはどうしたらよいのでしょうか?

住宅の断熱性とは?

結露が発生したり、冷暖房の効率が悪かったりする原因を考えたことがありますか?結露や冷暖房の効率の悪さの理由は、住宅の断熱性が低いからです。

住宅の断熱性とは、暖房で暖めた熱を家の中から逃がさない性能、外の冷たい空気を家の中に取り込まない性能、冷房で冷やした空気を家の中から逃がさない性能、太陽の直射熱を家の中に取り込まない性能のことです。つまり、夏は涼しく、冬は暖かい室内環境を作る性能のことです。

住宅には、断熱性を高める為に、壁や屋根の中には断熱材が組み込まれています。それなのに、まだ暑さや寒さに煩わされる理由は、断熱性が十分ではないということです。

なぜ、壁や屋根や床に断熱材が使われているのに、十分な断熱ができていないのでしょうか?その理由は窓にあります。

住宅の断熱性に大きな影響を与える窓

どんなに性能の良い断熱材が壁や屋根に組み込まれていたとしても、窓の断熱性が低ければ、住宅の断熱性は下がってしまいます。その結果、結露が発生する窓、冬は寒く、夏は暑い家になってしまいます。

なぜならば、室内の温度に最も大きい影響を与えるのが窓だからです。冬に室内から逃げていく暖房で暖めた空気の半分以上は、窓から逃げていきます。夏に太陽の直射熱が室内に入ってくるうちの7割以上は窓からの熱なのです。

その為、窓に暖かさを逃がさない、暑さを取り込まない働きがないと、室内を快適な温度に保てません。

一般的に個人の住宅で最も多く使われているのは、アルミサッシと単体ガラスの組み合わせの窓ですが、この組み合わせは最も断熱性の低い窓です。

住宅の断熱性を高める為には、断熱性能のある窓に交換する必要があります。断熱性の高い窓とは、2枚のガラスを組み合わせて作られているガラスが使われている窓です。

サッシは交換しないでガラスだけ交換できる真空ガラススペーシア

窓ガラスだけ交換して断熱リフォームをしたいという方には、真空ガラススペーシアをおすすめします。真空ガラススペーシアとは、2枚のガラスの間に真空層のある複層ガラスのことで、一般的な複層ガラスに比べて2倍もの断熱性能があります。

 

スペーシアが高い断熱性能を持つ理由

熱の伝わり方には、3種類あります。伝導と対流と放射です。

伝導熱とは、ガラスや壁など、物体を伝わって熱が移動することです。ヤカンや鍋を火にかけると熱くなるのは、火の熱がヤカンや鍋に伝わるからです。

対流熱とは、空気によって熱が移動することです。暖房で暖められた熱が部屋の中に拡がっていくのは、空気によって熱が移動するからです。

放射熱とは、放射して熱が移動することです。床暖房は、暖めた床からの熱の放射で室内を暖めます

真空ガラスは、真空の中では熱が伝わらないので、熱を伝導させない、真空では対流がおきないので熱を対流させないので、熱の移動を抑えます。

さらに熱の放射を抑えるLow-E膜という金属膜をガラスの内側に張り付けてあるので、放射熱も抑えられます。

つまり、すべての熱の移動を抑える働きがあるので、熱貫流率が極めて低く、通常の複層ガラスより断熱効果が高いのです。これと同じ原理を持つのが魔法瓶です。ステンレスの二重構造になっている魔法瓶の中の飲み物が、温度を保つのは、ステンレスとステンレスの間が真空だからです。

ガラスはステンレスと違ってもろい為、真空の圧力に耐えられるガラスにする為にシドニー大学のリチャード・コリンズ教授によって長期間に渡って研究が続けられました。この研究によって作られた設計思想を基に日本板硝子が開発したのが世界で初めての真空ガラスであるスペーシアです。

この開発がなければ、アタッチメントなしでガラス交換ができる断熱窓は存在しませんでした。真空ガラスは2枚の間の空間が真空なため、そのままではガラス同士がくっついてしまいます。そこで、2枚のガラスの間に厚み0.2ミリのマイクロスペーサーをはさみ、真空層を保持しています。

熱貫流熱とは?

熱貫流率(U値)は、熱の伝わりやすさを表す数値です。同じように熱の伝わりやすさを表す数値熱伝導率は、素材による熱の伝わり方の違いを表します。熱貫流率は、同じ素材でも、厚さに違いによって変わる熱の伝わり方を表す数字です。どちらも数値の低さが、断熱性能の高さを表します。

3ミリの厚さの1枚ガラスの熱貫流率は6 W/m2Kもありますが、Low-Eガラス3ミリ+ 真空層0.2ミリ+フロート板ガラス3ミリという組み合わせのスペーシアの熱貫流率は、僅か1,4 W/m2Kです。また、一般的な複層ガラスの熱貫流率は、2~2.5W/m2Kですが、スペーシアの熱貫流率は、1,0~1,4 W/m2Kです。

スペーシアが手軽な理由

その理由は、スペーシアでの断熱窓のリフォームは、ガラスの交換だけで済むからです。通常の複層ガラスは、ガラスが2枚とその間に空気層がある為、厚みがあります。その為、ガラスの交換だけする場合には、アタッチメント付きの複層ガラスに限られてしまいます。しかし、スペーシアは2枚のガラスの組み合わせでありながら、厚さが6,2ミリしかありません。その為、通常のサッシをそのまま使えるのです。

カバー工法でサッシも交換するとなると、窓枠の奥行が狭くなってしまいます。奥行きが狭くなるということは、窓枠に観葉植物を飾ったりしていた場合には、それができなくなってしまうということです。スペーシアならガラスの交換だけなので、窓辺の印象を変えずに断熱リフォームができます。

スペーシアで実現すること

冬暖かく夏涼しい部屋…冬は太陽の暖かさを取り入れ、暖房の暖かさを逃さないので、暖房の効率が良くなり室内の温度を快適に保ちます。夏は冷房の効率が良くなり、室内の温度が一定に保たれます。

室内の温度差が小さい部屋…暖房が効いているが窓の近くは寒い、顔は暑いが、足元が冷えるといった室内の温度差が小さくなります。

暖房をしていない部屋との温度差が小さい部屋…断熱性が低いと、冬場には大きくなる暖房のついている部屋と浴室や玄関の温度差が抑えらます。

結露しない窓…結露は外気と室内の温度差が大きいと発生します。室内の温度が20℃、湿度が60%の場合、一枚ガラスは外の温度が8℃になると結露が発生してしまいます。しかし、スペーシアにすれば、マイナス23℃になるまで結露の発生が抑えられます。

ただし、アルミサッシの結露は防げません。アルミサッシは熱伝導率の高いので、結露を起こしやすいのです。その為、サッシの周辺に結露が発生することがあります。

省エネできる窓…冷暖房の効率が良くなるので、電気代や灯油代が節約できます。日本板硝子のシミュレーションによれば、冷暖房費を約40%カットできるという結果が出ています。東京地区では年間にかかる冷暖房費が1枚ガラスでは90,300円、スペーシアでは53,900円、大阪地区では1枚ガラスでは101,200円、スペーシアでは62,100円となっています。

断熱プラスUVカット、日射カット効果がある真空ガラススペーシアクール
真空ガラススペーシアクールは、高断熱と防露機能に加えて、夏は日射カットとUVカット機能があるので、家具や壁の日焼けによる変色を抑えます。

断熱窓にリフォームすると、健康リスクを抑えるだけではなく、日々の暮らしが快適になり、冷暖房の効率が良くなるので電気代も節約できます。

断熱窓へのリフォームを検討中の方へ

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスター(中村建硝)はこちら