窓の断熱 根本的な解決法と応急処置

「部屋の中が寒い」

「浴室が寒くてお風呂に入りたくない」

「結露で窓がびっしょり」

「暖房費が高い」

寒さにまつわる冬の暮らしの悩みは尽きません。

このような悩みの解決には、窓の断熱リフォームが最も確実です。しかし、今は予算がない、いずれ断熱リフォームをするにしろ、とりあえずこの寒さを何とかしたいという事情もあるかもしれません。

ある程度の予算が取れる人も少ししか予算が取れない人もどんな方法があるのか、寒さを解決する為の断熱方法について考えてみましょう。断熱対策が成功すれば、暖房費の節約にもなります。

住まいの断熱の基本は窓

家の中の暖かさは、暖房の熱が逃げる量と外の冷気が入り込んで来る量の多さで決まります。暖房の暖かさが逃げていく場所は、住宅の外側を包んでいる屋根、壁、床、窓と換気扇です。

例えば、穴の開いた屋根や薄い壁の家であれば、家の中の暖かさは逃げ、外の冷気が入り込んできます。しかし、実際には住宅の外側を包む屋根や壁、床には断熱材が使われています。その為、屋根や壁や床から熱が逃げてしまったり、冷気が入り込んできてしまったりする量はそれほど多くはありません。

たくさんの暖かさを逃がし、たくさんの冷気を取り入れているのは、窓なのです。窓ガラスの薄さとサッシの隙間が、暖かさを逃がし、冷気を取り込みます。その為、住まいの断熱には窓の性能が非常に大切なのです。

根本的な解決方法

寒さ対策には、窓を交換することが最も効果的で根本的な解決方法です。窓の交換には、いくつかの方法があり、室内の状況と予算に応じて、最適な方法を選べます。

内窓をつける
今使っている窓はそのままにして、内窓を新しくつけて二重窓のする方法です。新しくつける複層ガラスのガラスとガラスの間の空気層だけではなく、窓と窓の間の空気層によっても断熱されるので、高い断熱効果が望めます。窓の交換は禁止されているマンションでもリフォームできる可能性があります。

内窓の種類によって断熱効果の高さが変わります。

  • 樹脂サッシ+Low-E複層ガラス 最も断熱効果が高い
  • 樹脂サッシ+複層ガラス
  • アルミサッシ+複層ガラス

窓を交換する(カバー工法)
窓枠に新しい窓用の枠を取り付け、窓を交換する方法です。

窓の種類によって断熱効果の高さが変わります。

  • 樹脂フレーム + トリプルガラス 最も断熱効果が高い
  • 樹脂サッシ+Low-E複層ガラス
  • 樹脂サッシ+複層ガラス
  • アルミサッシ+複層ガラス

ガラス交換
ガラスだけを複層ガラスに変える方法です。

とりあえず窓の断熱

「窓のリフォームをする予算は取れない」

「いずれするつもりだが、とにかくすぐに寒さと結露を何とかしたい」

日常的に部屋や浴室が寒いのであれば、1日にも早く寒さを解決したいと思うのは当然のことです。すぐにリフォームの費用が捻出できない時には、応急処置で寒さ対策をしてみましょう。

ガラスの断熱対策 断熱シート
窓ガラスに張る断熱用のシートです。接着剤がついていないので、窓が汚れません。プチプチタイプ、透明タイプなどがありホームセンターや百均などで購入できます。

手順

  1. ガラスの大きさに合わせて、断熱シートを切ります。
  2. 窓ガラスの表面のほこりや汚れをふき取り、霧吹きで水を吹きかけます。
  3. ガラスに張り付ける側の面の上部の角に合わせてシートを張ります。
  4. 上から下に向かってシートを手で押さえながら、窓ガラスに密着させます。
  5. 剥がれてきてしまう場合は、霧吹きで水をさらにかけます。
  6. 乾いたら完成です。

注意点

  • 型ガラスには凹凸があるので、密着しません。
  • 真空ガラスや熱射反射ガラス、熱線吸収ガラス、ワイヤー入りガラスに断熱シートを張るとガラスが割れてしまう恐れがあります。

ガラスの断熱対策 断熱ガラスフィルム
窓ガラスに張る断熱用のフィルムです。光を遮らない透明タイプや目隠し用の半透明タイプがあり、窓の外の環境に合わせて選べます。

ガラスの断熱対策 型ガラス用断熱ガラスシート
凹凸があっても腫れるように接着剤がついているタイプです。

サッシの断熱対策 サッシ断熱シート
サッシに張り付け、サッシの冷えと結露を抑えます。

サッシの断熱対策 隙間テープ
サッシに張り付け、隙間風を防ぐテープです。

窓辺の断熱対策 断熱ボード 
窓の下半分に立てかけて、窓からの冷気を遮断して断熱します。

窓辺の断熱対策 スタイロフォーム
ホームセンターで購入できる断熱材です。窓の下半分を塞ぎ、窓からの冷気を遮断して断熱します。

窓辺の断熱対策 断熱カーテン
保温断熱効果のある生地で作られたカーテンを、通常使っているカーテンの内側につけます。冷気の侵入を防ぎ、室内を暖かくします。

カーテンの断熱効果を上げるポイント

  • カーテンレールの取り付け位置を高くする
  • レールカバーやカーテンボックスをつける
  • カーテンを床につくくらいまで長くする

長い目で考えれば窓の断熱リフォーム

残念なことに、応急処置での断熱対策は長い目で見ると決して効果的な方法ではありません。例えば、断熱シートを窓ガラスに張ったとしても、完璧に隙間なく張ることはできません。

その結果、隙間からの冷気が室内に入ってきてしまいます。サッシにも断熱テープを貼れば、隙間風は防げますが、結露で濡れてしまいます。毎日テープを貼り変えなければ、カビの原因になってしまうかもしれません。長期間、窓の応急処置を続けていると、シートやテープの中に湿気が溜まり、住宅の劣化に繋がることも考えられます。

日本は、窓の断熱化があまり進んでいません。実際のところ、一般的な住宅のほとんどには、断熱性の低いアルミサッシと単体ガラスの窓が使われています。その為、家全体の断熱性能は上がりません。暖房をしているのに部屋が寒い、暖房をしている部屋と暖房していない部屋の温度差が大きい、暖房をしている時間帯と、暖房をしていない時間帯の温度差が大きいというような環境の家がとても多いのです。

このような環境は、健康に良い環境ではありません。アメリカでの家の中の温度の目安は23℃。ドイツやノルウエーでは20℃、フランス、ドイツでは18℃が室温の目安とされているそうです。浴室に対しても、イギリスでは22℃、ドイツでは24℃、ノルウエーでは25℃が目安とされています。

これに比べると、日本では暖房している部屋だけは室温が高いものの、家全体が暖められてはいません。特に浴室が寒い家はとても多くあります。日本は先進国であり、文化的な生活を送っている国家です。にもかかわらず、なぜこのような状態なのでしょうか?その理由の一つは、家の断熱と窓が結びついていない人がとても多いからです。

昨今、家の断熱性については多くの住宅会社が競い合っていますが、多くの人にとって新築時でなければ、家の断熱性はあまり考えないことなのではないでしょうか?

「部屋の中が寒い」

「浴室が寒くてお風呂に入りたくない」

「結露で窓がびっしょり」

「暖房費が高い」

このような暮らしの悩みを感じた時に、それが窓のせいだと考える人は少ないのです。しかし、窓を変えれば、家の断熱性が大きく変わります。そして家の断熱性は新築でなくても、リフォームでも向上させることができるのです。

「家の中が暖かい」

「ポカポカしたお風呂に入るのが楽しみ」

「そう言えば結露に困ったこともあったが、今はすっきり」

「電気代や灯油代が以前ほど嵩まなくなった」

こんな暮らしに切り替える為には、根本的な窓の断熱対策が大切です。

予算を抑えたい場合には、ガラスだけ交換する窓の断熱リフォームもあります。具体的にどの程度の費用が必要なのかということを簡単に確認できる見積もりフォームを利用して、窓の断熱を考え始めませんか?

断熱性を上げる窓のリフォーム方法

窓の断熱リフォームには3つの方法があります。

内窓をつける

【かんたんマドリモ 内窓 プラマードU】

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。今ある窓のサッシがアルミサッシでも、新しくつける内窓は断熱性が高く、気密性を高める構造の樹脂サッシです。したがってガラス部分だけではなく、サッシ部分の断熱性と気密性も高まります。また、サッシの色を内装に合わせて選べるので、お部屋の印象が明るくなります。二重窓には防音、遮音性能があるので、外からの騒音が聞こえにくくなります。また、

【かんたんマドリモ 内窓 Life U】

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。プラマードUに比べて、奥行きが40mmと狭いので、いつ内への出っ張りが抑えられます。その為、浴室やキッチンにも取り付けられます。断熱効果はプラマードUと同じ高さがあります。

かんたんマドリモ 窓交換

複層ガラスと樹脂サッシが組み合わされた窓と、今ある窓を交換するリフォームです。大きい窓を小さい窓に変えることもできます。

ガラスだけ交換

今使っているサッシのまま、ガラスだけアタッチメント付複層ガラス、又は薄い複層ガラスに交換する方法です。断熱効果がより高くなるLow-E複層ガラスも選べます。

断熱窓にリフォームすると、健康リスクを抑えるだけではなく、日々の暮らしが快適になり、冷暖房の効率が良くなるので電気代も節約できます。

断熱性能の高い家にするなら断熱窓へのリフォームをおすすめします。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 エコ窓専門店(中村建硝)はこちら

http://nakamura-genkan.com/works/