窓のゴムパッキンのカビでお困りですか?「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓のお困り事を解決します。

窓ガラスや窓のゴムパッキンにカビが生えてしまうと、見た目に不快なだけではなく、家族の健康にも悪影響があります。カビが発生する理由、カビを取り除く方法、そしてカビを予防する為の方法を確認していきましょう。

窓のゴムパッキンにカビが発生する理由

窓ガラスや窓のゴムパッキンにカビが発生する主な理由は、結露と梅雨時の湿気です。結露や梅雨時の水分で、湿度が70パーセント以上になると、窓に張り付いた空気中のカビの胞子が増殖してしまうのです。

窓の結露は、低い外気温によって冷やされた窓に暖かい室内の空気があたることで、空気中の水分が冷やされて水滴になって発生する現象です。したがって、窓が冷たくなればなるほど、また、空気中に水蒸気が多ければ多いほど結露は発生しやすくなるのです。

室内に洗濯物を干している、観葉植物がたくさん置いている、ストーブにヤカンをのせているなどの行為は、室内の水蒸気を増やすので、より結露を発生させます。

結露や梅雨時の湿気でカビが発生してしまうと、カビはどんどん増えていきます。カビが増えると、カビを餌にするダニも増殖し始めます。そして、カビやダニは、アレルギー性の皮膚炎や呼吸器系の疾患を発生させる原因を作ります。その結果、空気中のカビの胞子が増えるだけではなく、ダニのフンや死骸も舞い散ることになり、家の中にいる家族の健康を脅かします。そのような事態になる前に、窓ガラスと窓のゴムパッキンのカビを取り除きましょう。

カビを取り除く方法

カビが発生してすぐに気が付いた場合と、カビがかなり進行してしまった場合に分けて、取り除く方法をご紹介します。どちらの場合でも、カビの胞子を室内にまき散らしたり、自分が吸い込んでしまったりしないように気をつけなくてはなりません。マスクをして、窓を開け、換気扇がある場所であれば、強力換気にしておきましょう。

どの方法でする場合でも、始めに黒ずみの部分をスポンジや濡れ雑巾で水拭きし、水拭きだけで取れるカビやほこりを取り除き、さらに乾拭きしてから、カビ取り作業を始めます。

カビを取り除いた後、消毒用エタノールをつけた布でゴムパッキンを拭いておくと予防ができます。

カビが発生してすぐに気が付いた場合

重曹とクエン酸
重曹の粒子が細かく、水に溶けにくいという性質が汚れを落とす働きをし、重曹の持つ発泡性がカビを浮かせて剥がします。この重曹に殺菌作用のあるクエン酸を混ぜて使うと、カビを取り除くことができます。

ティースプーンに半分程度のクエン酸を100㎖の水で薄めた液体をスプレー容器に入れて、カビに吹きかけます。(スプレータイプの容器に薄めたクエン酸が入っている製品も市販されています)その上に重曹をふりかけ、発砲させます。20~30分経っても、カビが残っていたら、綿棒や歯ブラシを使って取り除きます。その後は、水で絞った雑巾で拭き取り、仕上げに乾拭きをします。

中性洗剤
水で薄めた食器洗いや室内の掃除に使う中性洗剤を布に含ませてふき取ります。カビを取り除いたら、水拭きし、最後に乾いた布で乾拭きして完了です。カビが取り除けても、洗剤分や水分が残っていると、新たなカビが発生してしまいます。必ず、水拭きをして洗剤分を取り除き、乾拭きをして水分を取り除きましょう。

カビがかなり進行してしまった場合

過炭酸ナトリウム
塩素系漂白剤は怖いから使いたくない人は少なくありませんが、過炭酸ナトリウムであれば、安全にカビの色を薄くすることができます。ただし、過炭酸ナトリウムは、ペースト状にする為に重曹や粉せっけんと混ぜると、酸化力が低下してしまいます。生石灰(酸化カルシウム)又は消石灰(水酸化カルシウム)と混ぜる方法で、漂白力をおとさず、ペースト状にすることができます。この際、粉を吸い込まないようマスクを、目に入らないようメガネを、肌を守るためにゴム手袋をしてから作業を始めます。

消石灰を10gに50~60度のお湯30mlを加えかきまぜた後、過炭酸ナトリウム40gを加えるとペースト状になります。このペーストをカビが生えた部分に塗り、乾いてきたら炭酸ソーダ、又はセスキをスプレーします。1~2時間後に水で濡らした雑巾で拭き取ります。カビが残っていたら、スポンジや歯ブラシでこすり落とします。水拭きをした後は、乾拭きをして完了です。

塩素系漂白剤
ひどいカビになってしまった場合は、カビ用の塩素系漂白剤を使う方法もあります。ゴムパッキン用にジェル状になったタイプもあります。塩素系漂白剤をカビの生えた部分に塗り、15~30分間後に水拭きします。完全に漂白剤を拭き取った後に乾拭きをして完了です。

カビを予防する為には?

再びカビを発生させない為には、室内の換気を良くすること、室内の水分を増やさないこと、結露を防ぐことが大切です。

洗濯物を室内の干さない、カーテンやブラインド、シャッターを閉めっぱなしにしない、入浴後、浴室のドアを開けたままにしない、調理中には換気扇を強にするなどを心がけましょう。

そして、最も根本的な解決の方法は、結露を無くすことです。実は、窓にカビが生えるほど室内に水分が多いということは、目に見える窓のゴムパッキンだけではなく、家具やマットレスの裏にもカビが生えている恐れがあるからです。

窓の結露を防ぐ為には、窓の断熱化が非常に効果的です。窓を断熱化すると、窓の結露だけではなく、家の中で起こっている結露を全て防ぐことができます。単体ガラスとアルミサッシの窓は、窓ガラスが外気の影響をもろに受けるため、室内の空気との温度差が大きくなります。その結果、結露がおこるわけですが、断熱窓にすると、室内側の窓ガラスと室内の温度差がなくなる為、結露が発生しなくなるのです。さらに、窓の冷たさでおこる様々な問題、暖房をつけているのに寒い、窓のそばに行くとヒヤッとする、足元がスースーするなども解決できます。

 

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で窓のゴムパッキンのカビにお悩みですか?

断熱窓へのリフォームには主に3つの方法がありますが、どれも数時間で完了する手軽な工事です。窓のゴムパッキンのカビを見つけたら、見えない部分にもカビが生えているかもしれません。家族の健康を守る為にも、暖かい冬を過ごす為にも窓の断熱化を検討してみませんか?

中村建硝は、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での断熱リフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。戸建て専用 見積りシミュレーション

カバー工法の窓交換の他にも内窓設置やガラス交換などの窓のリフォームもあります。

窓の断熱リフォームの種類

窓の断熱リフォームには3つの方法があります。

内窓をつける

【かんたんマドリモ 内窓 プラマードU】

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。今ある窓のサッシがアルミサッシでも、新しくつける内窓は断熱性が高く、気密性を高める構造の樹脂サッシです。したがってガラス部分だけではなく、サッシ部分の断熱性と気密性も高まります。また、サッシの色を内装に合わせて選べるので、お部屋の印象が明るくなります。二重窓には防音、遮音性能があるので、外からの騒音が聞こえにくくなります。また、

【かんたんマドリモ 内窓 Life U】

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。プラマードUに比べて、奥行きが40mmと狭いので、いつ内への出っ張りが抑えられます。その為、浴室やキッチンにも取り付けられます。断熱効果はプラマードUと同じ高さがあります。

かんたんマドリモ 窓交換

複層ガラスと樹脂サッシが組み合わされた窓と、今ある窓を交換するリフォームです。大きい窓を小さい窓に変えることもできます。

ガラスだけ交換

今使っているサッシのまま、ガラスだけアタッチメント付複層ガラス、又は薄い複層ガラスに交換する方法です。断熱効果がより高くなるLow-E複層ガラスも選べます。

断熱窓にリフォームすると、健康リスクを抑えるだけではなく、日々の暮らしが快適になり、冷暖房の効率が良くなるので電気代も節約できます。

断熱リフォームをお考えなら、窓のリフォームがおすすめです。

 

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら