窓交換で解決できることと窓交換の方法 「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で暮らしの悩みがある方へ

「西日が強くて畳がすぐ変色してしまう」

「結露で窓枠が濡れる」

「冬は窓のそばに行くとヒヤッとする」

「風通しが悪い」

季節の変化は、春には満開の桜、秋には紅葉と、私達を楽しませてくれますが、一方、暮らしの快適さを損なう面も持っています。夏の暑さや冬の寒さが家の中の環境にそれほど影響を与えなければ、居心地の良い室内が維持できます。暑さ、寒さで損なわれる暮らしの快適さは、窓交換で解決できることをご存知ですか?

窓交換で解決できること

季節の変化によっておこる暮らしの悩みは、毎日のことなのでとても深刻です。多くの人は、家を建て替えることはできないけれど、今の家を暮らしやすくしたいと思っているのではないでしょうか?その多くの悩みは、窓交換で解決できます。窓を交換すると、どんな風に暮らしが快適になるのでしょうか?

冬の寒さが解消される

「家の中にいるのに寒い」と感じている人は意外に多くいます。セキスイハイムが10代から70代の男女500名に対して行ったインターネット調査では。トイレ、洗面所、脱衣所、玄関を寒いと感じている人は、全体の50パーセント以上あったという結果が出ています。リビングダイニングでさえ、30パーセント以上の人が寒いと感じています。ということは、暖房をしているにもかかわらず、3人に1人は寒いと感じていることになります。

日本の家は、世界の先進国の国々と比較すると、寒い家が多いこともよく知られている事実です。その理由は、窓の断熱化が遅れているからです。日本の住宅に使われている窓で最も多いのは、単体ガラスとアルミサッシの窓です。この組み合わせの窓は、熱の移動を妨げないので、せっかく暖房で暖めた空気を外に逃がしてしまいます。

また、単体ガラスとアルミサッシの窓がある部屋では、窓辺で冷やされた空気が床に降りて行くので、足元がヒヤッとするコールドドラフトという現象も起きてしまいます。もし、暖かい空気を逃がさない窓、室内側の窓ガラスが冷えない窓であれば、暖房をしている部屋で寒いと感じることはなくなります。

さらに、暖房をしていないトイレや浴室の寒さも窓交換で解消されます。なぜなら、外からの冷気の侵入を防げるからです。暖房をしている部屋との温度差を少なくできることに加えて、暖房をしているリビングは、暖房の効きが良くなるので、光熱費が抑えられます。

夏の暑さが解消される

室内に入り込む太陽の熱のうち、70%以上の熱が窓から侵入します。窓の外にすだれやオーニングをつけて日よけをすることが基本ですが、それに加えて窓を交換することも重要です。窓ガラスが熱の侵入を妨げるからです。紫外線をカットする機能のある窓ガラスを選べば、畳みや家具の褪色も抑えられます。室内に侵入する熱さを抑えられれば、冷房の効きが良くなるので、電気代を抑えられます。

結露を防ぐ

家の内部の温度と外部の冷気の差が大きくなると、結露が発生してしまいます。結露は窓ガラスを濡らし、サッシにカビを発生させたりもします。結露は断熱窓に交換すると、室内の内側のガラスに外部の冷気が伝わらなくなるので、結露が抑えられます。窓交換の際に、サッシをアルミサッシから樹脂サッシに変えると、さらに効果を高められます。

風を採りこむ


窓を開けているのに、風通しが悪いと、室内の換気ができません。そのような場合には、引き違い窓から縦すべり出し窓に交換すると、家の横を通り抜けていた風を室内に採りこめるようになります。FIX窓からも交換できます。

侵入強盗を防ぐ

戸建て住宅への強盗で最も多い侵入経路は、施錠忘れのドアや窓からの侵入です。そして最も多い侵入手口はガラス破りです。つまり、窓は施錠していても侵入しやすい場所ということです。

ここ数十年、玄関ドアはガラスよりもずっと頑強であるにもかかわらず、ほとんどの住宅の玄関ドアにはツーロックが採用されています。それに比べて、窓はあまりに無防備です。もちろん窓に格子をつければ、防犯性が上がります。しかし、美観的に居室の窓には格子をつけたくない方も多いのではないでしょうか?そのような場合には、窓交換の一つの方法として、内窓をつけるという方法があります。

侵入強盗犯は、侵入に時間がかかることを非常に嫌います。その為、二重窓にしているだけで、偵察の時点で、侵入をあきらめる可能性が大いにあります。

音のストレス、音の心配がなくなる

道路や周辺の商業施設からの騒音、隣家からの生活音やペットの鳴き声などが日常的に続くと、大きなストレスになってしまいます。線路のそばで暮らしていて不眠症になってしまったというケースもあり、睡眠の質にも悪影響を与えます。反対に、家で飼い始めた犬の鳴き声や、子供が楽器の練習をする音が、周辺の家に迷惑をかけているのではないかと不安になっているという家庭もあります。

どちらのケースも内窓をつける窓交換の方法で解決できます。なぜなら、音のほとんどは窓から出入りするからです。日常生活に望ましい騒音のレベルは40デシベルから50デシベルと言われています。これは、図書館や、静かな事務所と同じような静けさで、音に煩わされない環境を表します。窓の防音性を高めると、外部からの音が家の内部に入り込むことも、家の内部の音が外に出ていくことも防げます。

窓交換の種類

目的に合わせて交換する窓の種類が選べます。

複層ガラスに交換…断熱効果
複層ガラスとは、2枚のガラスが組み合わされている窓ガラスのことです。2枚のガラスの間の空気層が、熱の移動を妨げるので、室内側の窓ガラスが外気の影響を受けません。

複層ガラスの中には、Low-E金属膜のついた複層ガラスもあります。室内側にLow-E金属膜のついた複層ガラスは、遮熱性があるので、夏は太陽の日射熱を妨げ、冷房の効率をより良くします。室外側にLow-E金属膜のついた複層ガラスは、太陽光を取り込んで断熱性を向上させ、暖房の効率をより良くします。

複層ガラスに交換する方法は2種類あり、今使っている単体ガラスを外し、アタッチメント付きの複層ガラスと交換する方法と、単体ガラスのサッシに組み込める薄さの複層ガラスと交換する方法があります。

複層ガラスの入った窓に交換…断熱効果
複層ガラスの入ったサッシと今使っている単体ガラスの入ったサッシを交換します。

開閉方法の異なる窓にする…採風効果
引き違い窓やFIX窓をサッシごと縦滑り窓に交換します。

サイズの異なる窓にする…断熱効果
浴室の窓のサイズが大きく、その為に冷気が入る量が多い場合、窓のサイズを小さくすることができます。この場合、ガラスも複層ガラスに交換すると、より断熱効果が高まります。

内窓をつける…防音効果・防犯効果
防音したい場合、防犯性を高めたい場合には、今ある窓の内側に内窓をつけます。

窓交換の方法

窓交換には3つの方法があります。

ガラスだけ交換

今使っているサッシのまま、ガラスだけアタッチメント付複層ガラス、又は薄い複層ガラスに交換する方法です。断熱効果がより高くなるLow-E複層ガラスも選べます。

断熱窓にリフォームすると、健康リスクを抑えるだけではなく、日々の暮らしが快適になり、冷暖房の効率が良くなるので電気代も節約できます。

かんたんマドリモ 窓交換

 

複層ガラスと樹脂サッシが組み合わされた窓と、今ある窓を交換するリフォームです。大きい窓を小さい窓に変えることもできます。

マドリモ アルミ樹脂複合窓 たてすべり出し窓

窓の開閉方法を変えると、風通しを良くできます。

内窓をつける

【かんたんマドリモ 内窓 プラマードU】

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。今ある窓のサッシがアルミサッシでも、新しくつける内窓は断熱性が高く、気密性を高める構造の樹脂サッシです。したがってガラス部分だけではなく、サッシ部分の断熱性と気密性も高まります。また、サッシの色を内装に合わせて選べるので、お部屋の印象が明るくなります。二重窓には防音、遮音性能があるので、外からの騒音が聞こえにくくなります。また、

【かんたんマドリモ 内窓 Life U】

いまある窓に内窓を取付けて二重窓にするリフォームです。プラマードUに比べて、奥行きが40mmと狭いので、いつ内への出っ張りが抑えられます。その為、浴室やキッチンにも取り付けられます。断熱効果はプラマードUと同じ高さがあります。

窓交換の費用

窓交換の方法によって、費用が変わります。具体的な費用はこちらのページからご覧ください。→ 予算で選ぶ窓断熱
窓交換の種類に応じた費用をわかりやすく解説しております。

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で暮らしのお悩みがある方へ

窓の交換リフォームでは、寒い、暑い、風通しが悪いなど、様々な暮らしの悩みを改善できます。1年を通じて冷暖房の効率を良くする機能を兼ね備えた窓へのリフォームを検討されませんか?

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。戸建て専用 見積りシミュレーション

カバー工法の窓交換の他にも内窓設置やガラス交換などの窓のリフォームもあります。窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら