浴室の窓断熱はガラスの性能以外にサイズも重要 「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で浴室の窓断熱をお考えですか?

お風呂に入る時間は、1日の疲れを癒すゆったりした時間です。入浴は仕事の忙しさやストレスを洗い流し、気持ちを落ち着けてくれます。お風呂に入る時間は、心が安らぐ時間であるはずなのに、浴室や脱衣所が寒いと入浴の楽しみが半減してしまいます。

日本人はお風呂が大好きです。大半の人は、入浴は日課の一つだと思います。毎日のことなのに、冬の期間中は寒さに耐えなければならない浴室は、お風呂が楽しみにならないどころか、健康にも悪影響を与えます。浴室の寒さはどうやって解決したら良いのでしょうか?

複層ガラスにしているのに寒いこともある?

浴室の寒さを解決する為に複層ガラスに替えたにもかかわらず、まだ寒さを感じるということがあります。単体ガラスの時よりはかなり解決されたとは思うが、まだ寒いという状況です。

このような状況になってしまう原因として考えられるのは、窓のサイズです。窓と断熱性能は、家の向きや開閉方法によっても影響を受けます。そしてそれに加えて、窓のサイズも断熱性とのかかわりがあるのです。

一般的に、築年数の長い家の浴室の窓は、大きく作られている傾向があります。浴室の一面がほとんど開口部になっていることもあります。その理由は、換気を良くする為です。入浴中の湯気を外に逃がさないと、カビが発生してしまうからです。冬場なら、結露も発生します。また、環境によっては、大きな窓があれば、夏場は窓を開けて風を入れながら涼しく入浴することもできるでしょう。

しかし、最近はお風呂の窓は小さくなる傾向にあります。ひとつは断熱性を高める為です。また、住宅街においては、道路や周辺の家からの視線を妨げるという目的もあります。新築の住宅の中には24時間換気プラス入浴後の強力換気が設置されている代わりに、まったく窓のない浴室もあるくらいです。

せっかく複層ガラスにしたのに、思ったほど効果が得られなかったというケースでは、大きい窓のままでガラス交換したことが原因ではないかと考えられます。もちろん、同じ大きさの窓でも、家の向きによっては、日中の日当たりが良い浴室と、日中ほとんど日が入らない浴室では、夜間の室温は変わってきます。しかし、たとえ日中の日当たりが良く、複層ガラスにしていたとしても、窓が大きければ、浴室は冷えてしまいます。

これから窓交換のリフォームをご検討されている場合には、窓の大きさも変えられる方法もご検討ください。

窓断熱で暖かくなる入浴タイム

浴室の窓を交換するだけで、浴室が暖かくなる理由は、熱の出入りの最も多い場所が窓だからです。室内の暖かさが逃げていく場所には、その他にも、屋根や外壁、換気扇などがありますが、それらは合わせても半分以下です。50パーセント以上の熱が窓から逃げていきます。

また、冷気が侵入してくるのも窓からです。壁や屋根に比べると、窓は極めて薄いので、窓ガラスやサッシを通して冷気が侵入してきます。加えて、サッシの隙間からも隙間風が侵入してきます。隙間風で窓ガラスは内側もより冷えてしまい、浴室内の温度を下げます。そして窓が大きければ大きいほど、侵入してくる冷気も隙間風も増えてしまいます。もし、浴室の窓が断熱窓であれば、暖かい入浴タイムを楽しめます。

浴室の窓を断熱窓に窓交換する方法

ガラスを交換

窓ガラスが熱を通さないガラスであれば、熱を逃さず、冷気の侵入を抑えられます。ガラスだけ交換する方法は、工事時間も費用も最も少なくて済む方法です。

ただ、ガラス交換だけの場合、アルミサッシはそのままなので、隙間風はなくなりません。また、アルミサッシに結露が発生する恐れもあります。もちろん、単体ガラスに比べれば、はるかに断熱性能は高まり、結露も少なくなります。

完璧は望まないが、手軽にリフォームしたいという方に向いています。

アタッチメント付き複層ガラス

現在使っているアルミサッシにぴったり収める為のアタッチメントがついている複層ガラスです。より断熱効果を高めるLow-E複層ガラスも選べます。

また、日中の陽射しや、外部からの視線を遮りたいという場合には、ブラインド入り複層ガラスも選べます。ブラインド入り複層ガラスは、2枚のガラスの間にブラインドが組み込まれた複層ガラスです。ブラインドの角度を調節して、日当たりや視線を入り方が調整できます。

真空ガラス スペーシア

2枚のガラスという構造でありながら、一般的なアルミサッシに収まる薄さの真空ガラスです。2枚のガラスの間にある真空が熱の移動を妨げるので、単体ガラスの約4倍の断熱性能があります。

窓交換

ガラス交換だけをしても、窓のサイズが大きければ、十分な効果が得られないこともあります。そのような場合には、窓のサイズを小さくし、さらに熱を逃がさず、冷気を侵入させないガラスが組み込まれた窓であれば、浴室の寒さを解決できます。

数年前までは、窓の交換というと、壁を剥がさなくてはならず、大掛かりな工事でしたが、今はカバー工法という手軽な窓交換の方法があります。

今使っている窓枠のまま、サッシを交換するので、2時間から半日で工事が完了します。室内側から施工するので、2階に浴室があったとしても、足場を組む必要がありません。

また、窓の外に防犯用の面格子が設置されていても、取り外さず、その状態のままで窓の交換ができます。

窓交換でより断熱効果を上げる方法

  • Low-E複層ガラスに替える 複層ガラスの中でも、Low-E金属膜が張られているLow-E複層ガラスにするとより断熱効果が高まります。
  • サッシを変える 熱を移動させやすいアルミサッシから樹脂サッシに替えるとより断熱効果が高まります。
  • 開閉方法を変える 一般的に最も多く使われている開閉方法の窓は、使い勝手の良い引き違い窓ですが、隙間風が入りやすい窓でもあります。その為、縦すべり出し窓、横すべり出し窓などの気密性の高い窓に交換すると、より断熱効果が高まります。窓交換リフォームでは、窓のサイズ、窓の開閉方法、ガラスの種類などが自由に選べます。

内窓設置

窓の大きさを変える必要はないが、隙間風が気になるというような場合には、内窓を設置する方法があります。今ある窓はそのままにして、内側に樹脂サッシ+複層ガラスの窓をつけるという方法です。約1時間で工事が完了する手軽なリフォームです。

内窓でしっかり隙間風を防げるので、高い断熱効果が上がり、寒さも結露も解決します。ただし、窓の開閉が二重手間になってしまいます。せっかくリフォームするなら、費用がかかっても確実に効果を得たい、窓の開閉が二重になっても寒いよりはずっと良いというお考えの方に向いている方法です。

YKK AP プラマード

LIXIL インプラス

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で浴室の窓断熱をお考えの方へ

浴室窓の断熱窓への交換リフォームは、毎日の入浴を心地よい時間に変えるとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。戸建て専用 見積りシミュレーション

カバー工法の窓交換の他にも内窓設置やガラス交換などの窓のリフォームもあります。窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら