窓サッシ交換とはどんなリフォーム?

お客様
お客様

窓を開け閉めする時に、滑りが悪くて、引っかかるのですが、解決法はありますか?

マイスター社長
マイスター社長

ホコリが溜まっていたり、小さなゴミが引っかかったりしているだけなら、ホコリやごみを取り除くだけで、直りますよ。

お客様
お客様

掃除機でほこりを吸い取ったり、雑巾で拭いたりはしたのですが、直らないのです。

マイスター社長
マイスター社長

それならば、サッシの下についている戸車の調子が悪いのかもしれませんね。戸車の歪みは修理できますが、サッシが老朽化しているのなら、窓サッシ交換をご提案します。

お客様
お客様

窓サッシ交換とは、サッシだけ交換するのですか?

マイスター社長
マイスター社長

いえ、窓ごと交換するのです。サッシだけ交換するより手軽にできます。開け閉めがスムーズになるだけではなく、いろいろな効果があるので、毎日の暮らしが快適になりますよ

窓サッシ交換で得られる効果

お客様
お客様

窓ごと交換すると、結露も起こらなくなりますか?

マイスター社長
マイスター社長

もちろんです。他にもいろいろな快適効果があります。

お客様
お客様

どんな効果があるのか、教えてください。

隙間風が入らなくなる・開け閉めがスムーズになる
開け閉めをする時、ガタガタする状態の窓は、隙間風も入ってきているはずです。サッシを交換すると、スムーズに開け閉めできるようになり、隙間風も抑えられます。

結露がなくなる
アルミサッシと単体ガラスの窓は、熱の移動が大きいので、断熱性能がほとんどありません。その為、家の中の温度と外気温の差が大きくなると、結露が発生します。冷たい飲み物の入ったコップの表面に水滴がつくのと同じ理屈です。窓交換で、複層ガラスと樹脂サッシの窓に交換すると、結露は防げます。

→ 複層ガラスとは? 2枚のガラスが組み合わされている断熱性の高い窓ガラスのことです。複層ガラスは、2枚のガラスの間の空気層が、熱の移動を遮る為、内側の窓には、外気温が伝わらず、外側の窓には、室内の温度が伝わりません。その為、それぞれのガラスの内側と外側に大きな温度差がおきず、結露が発生しないのです。

→ 樹脂サッシとは? 樹脂で作られた断熱性の高いサッシのことです。アルミサッシは、熱を伝えてしまいますが、樹脂サッシは、熱を伝えません。窓のリフォームで、窓ガラスだけ交換した場合、サッシ部分には結露が発生してしまうのは、アルミサッシの熱を伝えやすいという性質によるものです。

夏涼しく冬暖かい
窓の数が多いほど、窓のサイズが大きいほど、冬の寒さ、夏の暑さが厳しい部屋になってしまいます。夏に室内に入ってくる太陽の熱の70パーセント以上、冬に逃げていく暖房の熱の50パーセント以上が、窓から出入りするからです。

でも、どんなサイズの窓であっても、複層ガラスと樹脂サッシが組み合わされた断熱窓であれば、冷房と暖房が効率良く働きます。最小限の冷暖房で、夏涼しく冬暖かい部屋が実現します。

また、窓辺の冷え込みも抑えるので、コールドドラフトによる室内の温度差がなくなります。

→ 室内に温度差を作るコールドドラフトとは? 窓が冷えていると、窓からの冷気が床に向かって拡がっていきます。一方、暖房機が作る暖かい空気は、天井に向かって登っていきます。なぜなら、空気には、冷えると下がり、暖まると上昇するという性質があるからです。その結果、室内の空気に温度差が生じ、顔は暑いのに足は寒いというような状態になってしまうのです。

西日や夏の強い日差しを抑える
日当たりの良い部屋は、明るく気持ちの良い室内環境を作りますが、夏には、暑い部屋になってしまうこともあります。また、西日が当たる部屋は、壁や家具、畳みなどが、褪色してしまいます。

西日が入る、直射熱が強く入るという部屋には、Low-e複層ガラス(遮熱タイプ)が向いています。

→ Low-e複層ガラスとは? Low-E金属膜でコーティングされたガラスです。室外側のガラスにLow-E金属膜がコーティングされたタイプは、日射熱を遮る働きをします。室内側のガラスにLow-E金属膜がコーティングされたタイプは、太陽の光を十分に取り入れつつ、暖房の熱を逃がさないという働きをします。陽当りが悪く、冬の寒さが厳しい部屋に向いているタイプです。

窓だけで視線を遮る
浴室やキッチンなどでは、視線は気になるけれど、水が飛ぶので、カーテンはつけたくない、ブラインドをつけていたけれど、掃除の手間がかかるので、他の方法で目隠ししたいというような場合には、ブラインド入りの複層ガラスが向いています。

2枚のガラスの間に、ブラインドが入っているので、光と視線をブラインドの角度で調整できます。ガラスの間に入っているので、ブラインドにつきものの、ほこりが付きやすいというデメリットがありません。ブラインド入りの複層ガラスは、カーテンやブラインドを別につけなくても、光と視線を調節できる便利な断熱ガラスです。

窓サッシ交換の方法

お客様
お客様

窓サッシ交換はどのようにするのですか?

マイスター社長
マイスター社長

以前は、壁を壊すなどの大掛かりな方法がとられていましたが、今はカバー工法という簡単な方法で交換します。

お客様
お客様

カバー工法について詳しく教えてください。

今ある窓の上に、新しい窓をかぶせる方法がカバー工法です。室内側からの工事なので、2階、3階の部屋の窓でも、足場を組まずに工事ができます。以前のサッシ交換の方法では、壁を壊すほかに、窓の外からの工事も必要でした。その為、足場を組まなくてはならなかったのです。足場の費用は、外壁塗装ほどはかかりませんが、窓の工事だけでも、5~6万円はかかります。

また、室内側の壁紙や、掃き出し窓の場合には床を剥がしたりする場合もあります。そうなると、壁紙や床板の張替えもしなくてはなりません。カバー工法では、そのような無駄な費用がかかりません。

ただし、カバー工法の場合、もともとある窓より、少し窓が小さくなってしまい、窓辺の雰囲気が変わります。また、雨戸のついている窓には、設置できない場合があります。

カバー工法での窓交換

ガラス交換だけをしても、窓のサイズが大きければ、十分な効果が得られないこともあります。そのような場合には、窓のサイズを小さくし、さらに熱を逃がさず、冷気を侵入させないガラスが組み込まれた窓にすれば、室内の寒さを解決できます。

窓交換でより断熱効果を上げる方法

  • Low-E複層ガラスに替える 複層ガラスの中でも、Low-E金属膜が張られているLow-E複層ガラスにするとより断熱効果が高まります。
  • サッシを変える 熱を移動させやすいアルミサッシから樹脂サッシに替えるとより断熱効果が高まります。
  • 開閉方法を変える 一般的に最も多く使われている開閉方法の窓は、使い勝手の良い引き違い窓ですが、隙間風が入りやすい窓でもあります。その為、縦すべり出し窓、横すべり出し窓などの気密性の高い窓に交換すると、より断熱効果が高まります。窓交換リフォームでは、窓のサイズ、窓の開閉方法、ガラスの種類などが自由に選べます。

その他の窓のリフォーム方法

お客様
お客様

窓そのものを交換する他にも、窓のリフォームの方法はあるのですか?

マイスター社長
マイスター社長

断熱の他に、防音効果を高めたいという希望があれば、内窓をつけて二重窓にするという方法もあります。また、費用を抑えて、断熱したい場合には、ガラス交換という方法もあります。ただ、今回の場合は、サッシの不具合の解決が第一目的ですから、窓交換が向いていると思います。参考のために、他の方法もご紹介しておきましょう。

内窓設置
隙間風が気になるというような場合には、内窓を設置する方法があります。せっかくリフォームするなら、費用がかかっても確実に効果を得たい、窓の開閉が二重になっても寒いよりはずっと良いというお考えの方に向いている方法です。

YKK AP プラマード

LIXIL インプラス

ガラスを交換
窓ガラスが熱を通さないガラスであれば、熱を逃さず、冷気の侵入を抑えられます。ガラスだけ交換する方法は、工事時間も費用も最も少なくて済む方法です。

完璧は望まないが、手軽にリフォームしたいという方に向いています。

 

2枚のガラスという構造でありながら、一般的なアルミサッシに収まる薄さの真空ガラスです。2枚のガラスの間にある真空が熱の移動を妨げるので、単体ガラスの約4倍の断熱性能があります。

窓サッシ交換の費用

お客様
お客様

窓サッシ交換の費用はどのくらいかかりますか?

マイスター社長
マイスター社長

窓サッシの交換にかかる費用は、交換の方法によって変わります。ガラスだけ交換する方法が、最も費用を抑えられます。反対に窓交換は費用が嵩みますが、長い目で見ると、月々の光熱費がより多く抑えらます。

窓交換を検討しているけれど、実際に電話で問い合わせるのはハードルが高いと感じている場合でも、ネットでの見積もりなら気軽に調べられます。

費用が抑えられる方法はガラスだけ交換、次が二重窓、そして窓交換です。窓の大きさ、窓の開閉方法、サッシやガラスのグレードによって、費用も効果も変わります。交換したい窓のサイズを計って、ネットで見積もりをしてみてはいかがですか? 戸建て専用 見積りシミュレーション

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で窓サッシ交換でのリフォームをお考えの方へ

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら