窓の取り換えで窓は小さくできる?費用と方法は?「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で窓の取り換えを検討されていらっしゃいますか?

窓のサイズを小さくしたいけれど、サイズを交換するのは、大がかりな工事になるから、無理だろうと考えていらっしゃいませんか?実は、窓は、手軽な方法で、小さくできます。

お客様
お客様

家の浴室が西向きで、夏は夕方になっても、浴室内がとても暑くて、困っています。

マイスター社長
マイスター社長

浴室内が昼間の熱さで温度が高くなっていると、暑いでしょうね。

お客様
お客様

窓を開けて涼しい風を採りこみながら、入りたくても、道路に面しているので、窓を開けられないのです。

マイスター社長
マイスター社長

窓はどのくらいの大きさですか?

お客様
お客様

古い家なので、ほとんど間口いっぱいの大きな窓です。

マイスター社長
マイスター社長

それでは、冬の入浴は寒そうですね。

お客様
お客様

凍えそうに寒いです…。

マイスター社長
マイスター社長

それならば、窓のサイズを小さくするリフォームで、夏の暑さも、冬の寒さも解決できますよ!

窓の取り換えでできること

窓のサイズが大きくなるほど、熱の出入りは多くなります。窓が大きいと、夏の暑さ、冬の寒さが、厳しくなってしまうのです。

特に、古い住宅では、入浴後に充分換気ができるよう、窓を大きくとってあります。さらにその窓が、アルミサッシの単体ガラスの窓であれば、より熱の出入りは多いです。

窓の取り換え工事の際には、大きな窓のサイズを小さくし、窓があった部分を壁にすることも、FIX窓にすることもできます。

窓を小さくして、日当たりが悪くなってしまう状態を避けたければ、FIX窓と組み合わせる方法が向いています。採光量を減らさず、熱の移動量を少なくできます。

反対に、窓が大きすぎて、暑さ寒さだけではなく、外部からの視線も気になるという状況には、窓のサイズを小さくして、窓があった部分に壁を作る、又は、型ガラスなどの、視線を遮るガラスが入ったFIX窓と、組み合わせる方法が向いています。

また、窓の交換の際に、サイズを小さくするだけではなく、断熱機能のあるガラスと、樹脂サッシを組み合わせた窓を選ぶと、断熱性が高まります。

せっかく、窓のサイズを小さくしても、単体ガラスとアルミサッシのままの窓では、熱の移動を少なくすることはできても、抑えることはできないからです。

お客様
お客様

断熱機能のある窓ガラス?

マイスター社長
マイスター社長

はい。窓ガラスには、一般的に最も多く使われてきた単体ガラスと、近年、住宅の断熱性能を上げるために、普及してきた複層ガラスがあるのです。

お客様
お客様

詳しく教えてください。

単体ガラス
1枚ガラスのことです。フロート板ガラスと呼ばれることもあります。窓に使われる単体ガラスの厚さは、主に3~6mmです。

熱を通しやすいので、断熱性はありません。また、薄く、硬い物をぶつけると、簡単に割ることができるので、防犯性も低いです。

複層ガラス
2枚のガラスの間に、空気が入っているガラスです。空気には、熱を移動させない働きがあるので、外の熱を家の中に採りこまず、中の熱を家の外に逃がしません。

単体ガラス2枚の組み合わせの他に、Low-E金属膜がコーティングされた、より断熱性能が高いタイプ、Low-Eガラスが3枚組み合わされた、さらに断熱性能が高いタイプもあります。

さらに、その空気の働きで、1枚のガラスの両面に、大きな温度差が生まれません。外側のガラスは、外気温に近い温度、室内側のガラスは、室温に近い温度が維持されます。その結果、単体ガラスで起こりがちな、結露が発生しません。

→Low-Eガラスとは? Low-Eという赤外線を反射させやすくする特殊な金属膜が、コーティングされたガラスのことです。Low-E金属膜がコーティングされた側によって、異なった追加効果を持ちます。

  • Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)Low-E金属膜が、室外側のガラスにコーティングされた複層ガラスです。室内に入り込む強い日差しを抑え、エアコンを効きやすくするほか、紫外線による家具や壁の褪色を防ぎます。
マイスター社長
マイスター社長

今回のご相談のように、西日が強い場合には、Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)が向いていますよ。

  • Low-E複層ガラス(断熱タイプ)Low-E金属膜が、室内側のガラスにコーティングされた複層ガラスです。冬場には、暖かい日差しを採りこみながら、暖房の熱を逃がさない働きをします。
お客様
お客様

日当たりが悪い部屋には、Low-E複層ガラス(断熱タイプ)が良さそうですね。

アルミサッシ
アルミで作られた一般的なサッシです。丈夫で長持ちするという良さがありますが、熱を伝えやすいので、断熱性能はありません。

樹脂サッシ
樹脂で作られたサッシです。ほとんど熱を伝えないので、高い断熱性能があります。

お客様
お客様

リフォームにも、複層ガラスは使えるのですか?

マイスター社長
マイスター社長

もちろんです。複層ガラスには、いろいろなタイプがあり、その中には窓のリフォームに使える複層ガラスも揃っています。

お客様
お客様

リフォームに使える複層ガラスの種類を教えてください。

YKKAP トリプルガラス樹脂窓 樹脂フレーム + トリプルガラス

非常に優れた断熱性能を持つ3枚の断熱ガラスです。Low-Eガラスの間には、空気よりもさらに熱の移動を抑えるアルゴンガスが封入されています。

また、樹脂フレームは、断熱性を高める構造になっている為、一般的な樹脂サッシより、高い断熱性があります。防犯性を高めたい場合には、防犯合わせLow-Eトリプルガラスが選べます。

窓の開閉方法には、FIX窓の他に、たてすべり出し窓、すべり出し窓、テラスドアがあります。

YKKAP 樹脂窓 樹脂フレーム + Low-E複層ガラス


2枚のガラスの間の空気層とガラス内側のLow-E金属膜のコーティングで、熱の伝わりを抑えるので、単板ガラスの約4倍の断熱効果があります。防犯性を高めたい場合には、防犯合わせLow-E複層ガラスも選べます。

樹脂フレームは、アルミの約1000倍も、熱の移動を抑えるので、結露の発生も防ぎます。

開閉方法には、引違い窓の他に、片上げ下げ窓、FIX窓、たてすべり出し窓、すべり出し窓があります。テラス戸にも、対応できます。

YKKAPアルミ樹脂複合窓 アルミ樹脂複合フレーム + Low-E複層ガラス

マドリモ アルミ樹脂複合窓 +断熱パネル

使われているガラスは、樹脂窓と同じです。違いはフレームの材質です。フレームの室内側は樹脂、外側にはアルミが使われています。

マイスター社長
マイスター社長

この写真は、窓のサイズを小さくし、窓があった部分に断熱パネルを設置したケースですね。

お客様
お客様

ここまで小さくしたくはないのですけど…

マイスター社長
マイスター社長

サイズはいろいろ選べますから、ご安心ください。

窓を取り換える方法

最近の主流は、カバー工法という方法です。今ある窓に、新しい樹脂サッシと複層ガラスの窓をかぶせるだけなので、簡単です。

昔からの窓を取り換える方法では、壁を壊さなくては、なりませんでした。現在でも、もし窓を今のサイズより、大きくしたい場合には、壁を壊すしか方法がありません。

ただし、壁を壊す工事は、大掛かりです、2階の窓であれば、足場も組まなくてはなりません。壁紙や床板も剥がすので、その修復のための費用もかかります。窓を大きくする工事は、家の耐震性を脅かすことにもなりかねないので、慎重にしなくてはなりません。

カバー工法は、家の中からの工事なので、2階や3階の窓であっても、足場は必要ありません。また、壁を壊さないので、壁紙や床板を剥がすこともありません。1窓につき、約2時間~半日で施工が完了します。

窓の取り換えにかかる費用

お客様
お客様

気になる費用ですが、具体的にはどのくらいかかるのでしょう?

マイスター社長
マイスター社長

カバー工法で、窓の取り換えにかかる費用は、窓のサイズと、ガラスとサッシの種類で、変わってきます。

サイズ 幅1650ミリ、高さ1800ミリの引違窓での費用の違いを見てみましょう。

  • 樹脂窓(Low-E複層ガラスと樹脂フレームの組み合わせ)263,703円
  • アルミ樹脂複合窓 (Low-E複層ガラスとアルミ樹脂複合フレーム の組み合わせ)218,192円
  • アルミ樹脂複合窓(複層ガラスとアルミ樹脂複合フレーム の組み合わせ)210,405円

窓交換を検討しているけれど、実際に電話で問い合わせるのはハードルが高いと感じている場合でも、ネットでの見積もりなら気軽に調べられます。

交換したい窓のサイズを計って、ネットで見積もりをしてみてはいかがですか? →戸建て専用 見積りシミュレーション

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で窓のリフォームをお考えの方へ

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら