窓の木枠のカビ対策

 

窓の木枠やサッシの部分に黒カビが発生してしまうことがあります。ホコリの汚れではないので、簡単には拭き取れません。

見た目も良くありませんが、カビをそのままにしておくと、健康にも悪影響があります。カビができない窓にすることが一番良い方法ですが、発生してしまったカビは、きれいにしなくてはなりません。

なぜできる?窓の木枠のカビ

 

お客様
お客様

納戸にしている部屋に、換気のために窓があるのですが、その窓の木枠に黒いカビが生えてしまいました。

マイスター社長
マイスター社長

木枠やサッシのカビは、結露が原因でできることが多いですね。

お客様
お客様

冬は結露がすごいです。換気の為の窓とは言っても冬はほとんど開けないので…。

マイスター社長
マイスター社長

結露しない窓に交換すると、カビも防げますよ。

木枠やサッシ、パッキン、ガラスにカビが生えてしまう原因は、湿気です。窓を開ける回数が少ない部屋や浴室の窓は、黒カビが発生しやすい環境です。

さらに、アルミサッシと単体ガラスの窓の場合、結露が発生するので、より黒カビが発生しやすくなります。

窓のカビをきれいにする方法

窓の木枠のカビをきれいにする方法

サッシの隙間のほこり汚れが結露で濡れると、細菌が増殖して黒カビを発生させます。その為、まず初めに、サッシの隙間のほこりや表面のほこり汚れを取り除きます。

次に、消毒用エタノールをスプレーします。木枠は、カビ取り剤を使うと、変色してしまうので、注意が必要です。カビ取り剤を使う場合には、木材にも使用できる専用のカビ取り剤を使いましょう。

スプレーした消毒用エタノールが乾燥してから、乾いた布で拭き取ります。濡れているうちに吹きとると、カビが拡がってしまいます。乾くまで待ちましょう。

消毒用エタノールだけでは、黒ずみが取れなかった場合には、酸素系漂白剤をしみこませた布をカビの部分に被せます。かぶせた布が乾いてから、別の乾いた布で拭き取ります。

ただし、酸素系漂白剤であっても、木枠の色が変色してしまう恐れがあります。小さな範囲で試して、変色しないようであれば、範囲を広げるようにしましょう。

窓パッキンのカビをきれいにする方法

窓パッキンは、窓の中でもっとも黒カビの取り除きにくい部分ですので、カビキラーを使います。ただし、スプレーすると、木枠やサッシにカビキラーが飛び散ってしまうおそれがあるので、ペーパータオルにつけて、パッキンに被せます。その上からラップをかけると、カビキラーが乾燥するまでの時間が長くなるので、さらに効果が上がります。ペーパータオルが乾いたら、濡らした布で拭き取り、最後に乾いた布で水分を拭き取ります。

カビキラーは、消毒用エタノールや酸素系漂白剤に比べて、刺激の強い成分を含んでいます。吸い込んでしまったり、肌に振れたりしないよう、マスクやゴム手袋をして作業しましょう。

サッシのカビをきれいにする方法

サッシは、凹凸があるので、毎日掃除をしていてもほこりが溜まりやすい部分です。まず初めに掃除機や綿棒を使って、手が届かない部分のほこりを取り除きます。

次にカビの発生している部分に、消毒用エタノールをしみこませたペーパータオルを貼り付けます。ペーパータオルが乾いたら取り除き、濡れた布で拭き取ってから、乾いた布で乾拭きします。

窓の木枠のカビを防ぐ断熱窓

マイスター社長
マイスター社長

窓のカビを防ぐ為には、結露しない窓のすることが大切です。室内を快適な温度に保つ断熱窓には、結露を防ぐという働きがあります。

お客様
お客様

結露はなぜ発生するのですか?

マイスター社長
マイスター社長

冬になると、窓ガラスの内側と外側の温度差が大きくなるからです。

結露が発生する理由

空気中の水分には、暖まると水蒸気になり、冷えると水になるという性質があります。その為、窓の結露は、内側と外側の温度差が大きくなればなるほど、発生しやすくなります。暖かい部屋の空気中の水蒸気が、冷たい窓ガラスにあたって冷やされ、水滴となるからです。

断熱窓が結露を防ぐ理由

断熱窓とは、複層ガラスの窓のことです。複層ガラスとは、2枚のガラスが組み合わされたガラスのことです。2枚にガラスの間には、乾燥した空気、又はアルゴンガスが閉じ込められています。空気には、熱を移動させないという性質があります。アルゴンガスには、空気よりさらに熱を移動させないガスです。つまり、複層ガラスとは、ガラスとガラスの間の空気やアルゴンガラスが、熱の移動を妨げるガラスなのです。

1枚のガラスの場合、部屋の中の暖かさと、外の冷気が直接ぶつかり合うので、結露が発生します。しかし、複層ガラスの場合には、冷気を受け止める外側のガラスと、暖められた室内側のガラスの間に空気やアルゴンガスがあります。その為、冷気と暖気が直接ぶつかり合わずに済むのです。その結果、結露の発生が抑えられます。結露の発生が抑えられれば、窓の黒カビも発生しなくなります。

ただし、サッシがアルミの場合には、サッシ部分には結露が発生してしまいます。アルミは、熱を伝えやすい材質だからです。アルミは軽く、耐久性が高いので、窓のサッシとして重宝されていますが、断熱性の低さは否めません。

完璧な結露の防止をしたければ、樹脂サッシ、又は複合サッシにする必要があります。樹脂は、熱をほとんど伝えないという特性を持っているからです。ただ、価格的に高価になってしまうので、内側を樹脂、外側をアルミで作る複合サッシも開発されています。

暮らしやすい家にする断熱窓の働き

マイスター社長
マイスター社長

断熱窓には、結露の発生を防ぐ以外にも、室内の温度を調整しやすくするという特徴があります。

夏の暑さ、冬の冷気を家の中に侵入させず、エアコンの涼しさ、暖房の暖かさを逃がしません。その為、室内の温度が最低限の冷暖房で、快適に保てます。

冷暖房を切った後も、急激に温度が変化しないので、夏の夜中の暑さや、冬の朝の冷え込みも、軽減します。特に冬は、浴室やトイレが寒く、高齢者の健康を脅かしたり、子供が入浴を嫌がったりしますが、そのようなことがなくなります。結露がなくなり、カビやダニが発生しなくなるので、皮膚炎や呼吸器のアレルギーの発生も抑えられます。

お客様
お客様

結露が発生する時期になる前に、断熱窓にリフォームしたいです。

マイスター社長
マイスター社長

結露の発生だけではなく、冷暖房の効率が良くなるので、光熱費も節約できますよ。

お客様
お客様

断熱窓へのリフォームの方法を教えてください。

断熱窓へのリフォームの方法

ガラスだけを交換

窓ガラスが熱を通さないガラスであれば、熱を逃さず、冷気の侵入を抑えられます。ガラスだけ交換する方法は、工事時間も費用も最も少なくて済む方法です。

ただし、この場合、窓ガラスには断熱性を持たせられますが、サッシはアルミのままということになり、結露の発生は抑えられません。サッシの部分が結露すると、窓枠や床に水滴が沁み込んでしまう恐れがあります。それを避ける為には、サッシ用の断熱テープを貼るという補助的な方法があります。

完璧は望まないが、手軽にリフォームしたいという方に向いています。

YKK アタッチメント付き複層ガラス
今使っている窓枠に収まるよう、アタッチメントと組み合わせてある複層ガラスです。

 

日本板硝子 真空ガラススペーシア
2枚のガラスという構造でありながら、一般的なアルミサッシに収まる薄さの真空ガラスです。2枚のガラスの間にある真空が熱の移動を妨げるので、単体ガラスの約4倍の断熱性能があります。

窓交換

カバー工法で、新しいい窓を今ある窓に被せる方法です。3つの方法の中では、最も費用が嵩みますが、高い効果のある方法です。

窓交換でより断熱効果を上げる方法

  • Low-E複層ガラスに替える 複層ガラスの中でも、Low-E金属膜が、室外側に張られているLow-E複層ガラスには、日差しと紫外線を防ぐ効果があります。Low-E金属膜が、室内側に張られているLow-E複層ガラスにすると、より断熱効果が高まります。
  • サッシを変える 熱を移動させやすいアルミサッシから樹脂サッシに替えるとより断熱効果が高まります。室外側はアルミ、室内側は樹脂という複合サッシは、樹脂サッシよりも費用を抑えられます。
  • 開閉方法を変える 一般的に最も多く使われている開閉方法の窓は、使い勝手の良い引き違い窓ですが、隙間風が入りやすい窓でもあります。その為、縦すべり出し窓、横すべり出し窓などの気密性の高い窓に交換すると、より断熱効果が高まります。窓交換リフォームでは、窓のサイズ、窓の開閉方法、ガラスの種類などが自由に選べます。

内窓設置

窓交換に比べると、費用を抑えられます。せっかくリフォームするなら、費用がかかっても確実に効果を得たい、窓の開閉が二重になっても寒いよりはずっと良いというお考えの方に向いている方法です。

YKK AP プラマード

LIXIL インプラス

 

お客様
お客様

黒カビを発生させない為にも、省エネの為にも、断熱窓へのリフォームを検討しようと思います。

マイスター社長
マイスター社長

断熱リフォームにはしたいけれど、予算が心配という方は、ネットでお見積をしてみませんか?無料で手軽にリフォームにかかる費用を知ることができます。

戸建て専用 見積りシミュレーション

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で、結露や黒カビの発生しない窓にしたいと考えの方へ

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら