二重窓で結露は解決する?

お客様
お客様

窓の結露がひどいので、リフォームを考えているのですが、二重窓にすると、結露は防げますか?

マイスター社長
マイスター社長

窓ガラスとサッシの選び方、室内と室外の温度差、室内の水蒸気の量によって防げる程度が変わります。その理由は、結露が発生する仕組みに関係があります。

結露が発生する仕組み

結露は、暖かく湿った空気が冷たい面に触れると、空気中の水蒸気が、水に変化して発生します。

冬は、暖房によって、室内の空気の温度が高くなっています。反対に、窓ガラスは、外の冷気によって、冷やされています。暖かい室内の空気が、窓ガラスに触れると、空気中の水蒸気が、水に変化し、窓ガラスに水滴を作ってしまうのです。

空気中の水蒸気には、空気中の水蒸気の量が多い部分から、少ない部分へと移動し続ける性質と、空気が暖かければ暖かいほど、量が増えるという性質があります。

その為、暖房で暖まっている室内の中央は、水蒸気が多くなり、外気で冷やされている窓周辺の空気は、水蒸気が少ない状態です。その為、空気中の水蒸気は、部屋の中央から窓辺へと移動し続け、冷たい窓の周辺に集まります。

その状態で、就寝前に暖房が止められるので、窓の周囲にますます水蒸気が詰まり、冷たい窓にあたって、結露を作るのです。もし、24時間暖房をしていれば、結露は起こらないとも言えます。

お客様
お客様

それは、家計的に響きます。それ以外に結露を防ぐ方法はないのですか?

マイスター社長
マイスター社長

できることは、こまめな換気です。

空気中の水蒸気を作る原因は、石油やガスを使うストーブやファンヒーターから放出される排気、調理や入浴、加湿器などから放出される水蒸気です。空気中の水蒸気の量が多いほど、結露が発生するので、結露の軽減には、水蒸気の量を減らすことも役立ちます。

しかし、どれも生活上必要なことなのでそれほど減らせません。その為、換気を心がけ、できるだけ水蒸気の量を減らすことが大切です。

お客様
お客様

寒いからついつい暖房を切った後、換気せずに寝てしまうのですが、換気が大切なのですね。

マイスター社長
マイスター社長

換気が大切ですが、結露を防ぐ最も効果的な方法は、断熱窓にすることです。

お客様
お客様

断熱窓にするリフォームについて詳しく教えてください。

断熱窓へのリフォームの方法

ガラスだけを交換

窓ガラスが熱を通さないガラスであれば、熱を逃さず、冷気の侵入を抑えられます。ガラスだけ交換する方法は、工事時間も費用も最も少なくて済む方法です。

ただし、この場合、窓ガラスには断熱性を持たせられますが、サッシはアルミのままということになり、結露の発生は抑えられません。サッシの部分が結露すると、窓枠や床に水滴が沁み込んでしまう恐れがあります。それを避ける為には、サッシ用の断熱テープを貼るという補助的な方法があります。

完璧は望まないが、手軽にリフォームしたいという方に向いています。

YKK アタッチメント付き複層ガラス
今使っている窓枠に収まるよう、アタッチメントと組み合わせてある複層ガラスです。

 

日本板硝子 真空ガラススペーシア
2枚のガラスという構造でありながら、一般的なアルミサッシに収まる薄さの真空ガラスです。2枚のガラスの間にある真空が熱の移動を妨げるので、単体ガラスの約4倍の断熱性能があります。

窓交換

カバー工法で、新しいい窓を今ある窓に被せる方法です。3つの方法の中では、最も費用が嵩みますが、高い効果のある方法です。

窓交換でより断熱効果を上げる方法

  • Low-E複層ガラスに替える 複層ガラスの中でも、Low-E金属膜が、室外側に張られているLow-E複層ガラスには、日差しと紫外線を防ぐ効果があります。Low-E金属膜が、室内側に張られているLow-E複層ガラスにすると、より断熱効果が高まります。
  • サッシを変える 熱を移動させやすいアルミサッシから樹脂サッシに替えるとより断熱効果が高まります。室外側はアルミ、室内側は樹脂という複合サッシは、樹脂サッシよりも費用を抑えられます。
  • 開閉方法を変える 一般的に最も多く使われている開閉方法の窓は、使い勝手の良い引き違い窓ですが、隙間風が入りやすい窓でもあります。その為、縦すべり出し窓、横すべり出し窓などの気密性の高い窓に交換すると、より断熱効果が高まります。窓交換リフォームでは、窓のサイズ、窓の開閉方法、ガラスの種類などが自由に選べます。

内窓設置

窓交換に比べると、費用を抑えられます。せっかくリフォームするなら、費用がかかっても確実に効果を得たい、窓の開閉が二重になっても寒いよりはずっと良いというお考えの方に向いている方法です。

YKK AP プラマード

LIXIL インプラス

この中で、窓ガラスだけ交換する方法は、ガラスの結露は防げますが、サッシ部分の結露は、防げません。サッシ部分は、熱を通してしまうからです。

窓ガラスは、複層ガラスによって、室内側と室外側の温度差が抑えられるのですが、サッシ部分は、室内側と室外側の温度差が大きいままなのです。

その為、結露を完全になくしたければ、樹脂サッシの窓にしなくてはなりません。樹脂サッシは、アルミサッシと比べると、およそ1000分の1しか熱を伝えない為、室内側と室外側の温度差が抑えられるのです。

二重窓にするリフォームでもとからあった窓は結露しないの?

二重窓へのリフォームをする場合も、室内側に取り付ける窓を樹脂サッシの窓にすれば、サッシの結露が解決します。

新しい複層ガラスと、もとからある外側の窓との間にできる空気層が、熱の伝わりを妨げることに加えて、サッシの温度も変化しないので、結露防止の高い効果があります。

お客様
お客様

でも、古い方の窓はアルミサッシと単体ガラスの窓のままですよね?もとからあった窓は、結露しないのですか?

マイスター社長
マイスター社長

新しく取り付ける内窓の種類によります。

アルミサッシの内窓や、単体ガラスの内窓をつけた場合、二重窓にしても、結露は防止できません。断熱効果もありません。内側の窓から、室内の暖かさが外側の窓に伝わらないことが、結露防止の重要なポイントなのです。

例えば、サンルームのついている部屋は、極端に言えば、二重窓のようなものですが、結露は発生します。サンルームの窓も、室内の窓もアルミサッシと単体ガラスの組み合わせであれば、熱の移動を止められないからです。

したがって、二重窓にする場合には、内窓に複層ガラス、又はトリプルガラスと、樹脂サッシを組み合わせた樹脂サッシを取り付けなくてはなりません。

二重窓にする場合には断熱窓が必須

お客様
お客様

二重窓にしても、性能の高い断熱窓にしないと、意味がないということなのですね。

マイスター社長
マイスター社長

樹脂サッシにするかしないかで、効果は大きく変わります。熱の伝わりと空気の漏れを防ぐからです。

お客様
お客様

二重窓にすると、結露対策以外にはどんな効果がありますか?

マイスター社長
マイスター社長

たくさんの暮らしを快適にする効果がありますよ。

冬暖かく夏涼しい家になる 窓は冬、52パーセントもの暖房の熱を、外に逃がしてしまいます。窓は夏、74%もの太陽の直射熱を家に侵入させます。もし、窓が、熱を逃がしたり、取り込んだりしなければ、室内は、温度管理がしやすくなります。窓辺が冷えないので、体感温度も上がります。

光熱費が節約できる 暖房をしてもなかなか暖まらない、冷房をしているのに暑いというような室内環境から、少しの冷暖房で快適な温度を維持できる室内環境に変わります。その結果、電気やガスなど、冷暖房にかかる費用が抑えられます。

浴室やトイレとリビングの温度差が抑えられる 浴室やトイレは、暖房をしていないので、暖房をしているリビングとの温度差が大きくなってしまいます。その為、冬の入浴や、トイレは、寒く、お年寄りには健康被害も心配されます。浴室やトイレを断熱窓にすると、リビングとの温度差が抑えられます。

空き巣被害のリスクを抑えられる 二重窓にすると、窓ガラスを破って鍵を開けるという作業が二度手間になってしまいます。その為、二重窓の家は、空き巣に狙われにくくなります。

外部の騒音が抑えられる 二重窓は、室内側と室外側の間にある空気の層で、音の伝わりを少なくします。交通量の多い道路沿いの部屋でも、図書館と同じくらいの静かな部屋に変わります。

お客様
お客様

結露が防げて、暮らしが快適になる断熱窓は、予算に合わせて、リフォーム方法がいろいろあるのですね。

マイスター社長
マイスター社長

断熱リフォームにはしたいけれど、予算が心配という方は、ネットでお見積をしてみませんか?無料で手軽にリフォームにかかる費用を知ることができます。

戸建て専用 見積りシミュレーション

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で、結露が防げる二重窓へのリフォームを検討中の方は、ぜひご相談ください。

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら