結露が防げるトリプルガラスの性能

お客様
お客様

トリプルガラスは、複層ガラスより、性能が高いということですが、複層ガラスとの違いは何ですか?

マイスター社長
マイスター社長

断熱性能がより上がるので、得られる効果の高さが変わります。

お客様
お客様

家の窓は、まだ単体ガラスのままなので、想像できないのですが、ガラスの種類による断熱性の違いを教えてください。

ガラスによる断熱性能の違い

ガラスには、様々な機能ガラスがありますが、ここでは、断熱性の違いに絞って、ガラスの種類をご紹介します。

単体ガラス

単体フロートガラス

1枚板のガラスです。昭和~平成の中頃までに建てられた家の窓には、ほとんどこのガラスが使われています。単体ガラスの中には、透明なガラスの他に、プライバシーを守るくもりガラスや、防犯の為のワイヤー入りガラスや、強度と耐熱性が高い強化ガラスなどがあります。どのガラスにも、断熱性はありません。

複層ガラス

2枚のガラスの間に乾燥した空気を閉じ込めたガラスです。空気には、熱を伝えない性質があるので、2枚のガラスの間で熱の伝わりを抑える働きをします。その結果、外の寒さ、暑さが室内に流入する率、エアコンの涼しさ、暖かさが流出する率が低下し、室内の温度が調整しやすくなります。また、それぞれのガラスの外側と内側の温度の差が抑えられるので、結露が発生しにくくなります。

ガラスの間に、乾燥空気の代わりに、空気よりも熱を伝えにくい、不燃性不活性ガスのアルゴンガスが封入されている複層ガラスは、より高い断熱性を持っています。

Low-E複層ガラス(断熱タイプ)

Low-E複層ガラス (断熱タイプ) 型ガラス
2枚のガラスのうち、室外側にLow-E金属膜が、コーティングされている複層ガラスです。Low-E金属膜には、放射による熱の移動を抑える性質があります。その性質によって、しっかり断熱しながら、太陽の暖かさを採り込む働きをします。

冬には、窓ガラスが冷たくなる為、窓辺が冷えます。その結果、冷たい空気が、壁を伝って床に拡がり、足元をヒヤッとさせ、室内全体の温度を低下させるコールドドラフトという現象をおこります。しかし、Low-E複層ガラス(断熱タイプ)が使われた窓は、窓辺の冷えを抑えるので、足元が冷えたり、暖房がむらなく効かなかったりといったことが、少なくなります。

トリプルガラス

 ダブルLow-Eトリプルガラス

トリプルガラスは、3枚のガラスの間に、ガラスとして最も断熱効果の高い厚さ16㎜の中空層に、アルゴンガスを封入した断熱ガラスのことです。複層ガラスより高い断熱性能があり、樹脂サッシとの組みあわせで、結露も抑えます。

サッシによる断熱性能の違い

お客様
お客様

ガラスの枚数と、Low-E金属膜のコーティングの有無、ガラスの間に封入されている空気とアルゴンガスの違いの3つで、断熱性が変わるのですね。

マイスター社長
マイスター社長

ガラスの違いだけではなく、サッシに違いによっても、断熱性は変わるのですよ。

お客様
お客様

サッシの種類も教えてください。

アルミサッシ
単体ガラスと同じく、昭和~平成の中頃までに建てられた家の窓には、ほとんどアルミサッシが使われています。アルミは、軽くて開閉しやすい、耐久性が高い、紫外線による褪色が少ないといったことから、窓のサッシ素材として、重宝されてきました。

しかし、アルミには、熱を伝えやすいという性質があります。また、アルミサッシは、ガラスを組み立て式で組み込む為、隙間風が入りやすいという問題点もあります。その為、熱の出入りを防ぐ働きはできず、断熱性はありません。

複層ガラスに替えたのに、結露がなくならないというような問題は、ガラス部分は断熱できているにもかかわらず、サッシ部分の断熱ができていないためにおこります。

アルミ樹脂複合サッシ
樹脂サッシは、高性能ですが、高額であるという問題点があります。その為、いま日本国内で、最も多く採用されているサッシが、このアルミ樹脂複合サッシです。室内側は樹脂、室外側はアルミで造られています。アルミサッシに比べると、断熱性も防露性もはるかに高い効果が得られます。

樹脂サッシ
アルミの約1000倍も熱を伝えにくい樹脂で作られたサッシです。サッシの中で、最も高い断熱性があります。樹脂自体が、熱を伝えない性質を持っていることに加えて、サッシとガラスが溶接されている為、隙間がありません。その為、隙間からの熱の出入り、隙間風の流入が防げます。

トリプルガラスと樹脂サッシでリフォーム

お客様
お客様

ガラスとサッシの組み合わせで、断熱、結露の効果の高さが、変わってくるのですね。

マイスター社長
マイスター社長

その通りです。性能順にご紹介しますね。

トリプルガラス樹脂窓

マドリモ トリプルガラス樹脂窓

樹脂フレームとトリプルガラスが、組み合わされた窓です。現在の窓の中で、最も断熱性が高く、結露を防ぐ効果の高い窓です。世界トップクラスの断熱性能を持っています。

樹脂窓

マドリモ 樹脂窓 Low-E複層ガラス

樹脂フレームとLow-E複層ガラスがが、組み合わされた窓です。トリプルガラス樹脂窓の次に、高い効果が得られる窓です。国内トップクラスの断熱性能を持っています。

アルミ樹脂複合窓

マドリモ アルミ樹脂複合窓

アルミ樹脂複合フレームとLow-E複層ガラスが組み合わされた窓です。室内側のガラスは、樹脂サッシと溶着されているので、隙間風も入ってきません。

窓の違いによる具体的な違いを知る為、窓ガラスの室内側の表面温度の違いを見てみましょう。

室外温度4,7℃、室内温度25,1℃、湿度41,8%の条件下で比べた場合の温度差

  • トリプルガラス樹脂窓 フレームの温度は20℃、ガラス温度は22.2℃ 結露はなく、窓ガラスに触れても冷たくない
  • アルミ樹脂複合窓 フレームの温度 17.3℃、ガラスの温度 19.5℃ 結露はなく、ガラス部分の方がサッシ部分より冷たくない
  • 単体ガラスとアルミサッシの窓 フレームの温度 6.9℃、ガラスの温度 6.7℃ 結露があり、ガラスに触れるととても冷たい

YKKのショールームに行くと、様々な条件の窓が並んでいて、実際に触ることができます。触ってみると、断熱性を手の平を通して、体感できます。

お客様
お客様

これだけの差があると、毎日の暮らしも変わりそうですね。

マイスター社長
マイスター社長

夏の暑さ、冬の寒さ、結露の状態は大きく変わりますよ。

トリプルガラスにするリフォームの方法

お客様
お客様

トリプルガラスと樹脂サッシにするリフォームは、どのようにするのか教えてください。

マイスター社長
マイスター社長

トリプルガラスへのリフォームは、カバー工法でする窓交換という方法でします。

断熱窓へのリフォームの方法には、ガラスだけ交換、窓を交換、内窓設置という3種類があります。この3つの方法のうち、トリプルガラスにリフォームする方法は、カバー工法の窓交換だけです。

カバー工法は、今ある窓枠に、新しい窓をかぶせるリフォームの方法です。従来の窓のリフォームのように、壁を壊したり、床板や壁紙を剥がしたりする必要がありません。また、2階の窓であっても、家の内側から工事をするので、足場なしで作業をします。その為、時間も費用も抑えられ、一窓の工事は、半日で完了します。

マイスター社長
マイスター社長

断熱リフォームにはしたいけれど、予算が心配という方は、ネットでお見積をしてみませんか?無料で手軽にリフォームにかかる費用を知ることができます。

戸建て専用 見積りシミュレーション

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で、トリプルガラスへのリフォームを検討中の方は、ぜひご相談ください。

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら