窓からの隙間風 どうしたらいいの?

お客様
お客様

窓から隙間風が入ってきているような気がするのですが、このままにしておくと、冬、お部屋の中が寒くなりそうで…。

マイスター社長
マイスター社長

それは困りますね。寒くなる前に、原因を見つけて、解決しましょう。

隙間風の原因

引違窓には、もともと、小さな隙間があるので、新しい引違窓であっても、隙間風は、入ってきているものです。しかし、家自体に、経年変化や地震、台風などの自然災害による歪みが生じていたり、サッシに不具合があったりすると、室内環境に影響が出るほどの隙間風が入ってきてしまいます。残念ながら、家自体の歪みによって、発生している隙間風は、ちょっとした修理では解決できません。しかし、隙間風の原因によっては、家庭で修理できる場合もあります。

戸車が原因の場合

もし、窓が傾いている場合には、戸車が隙間風の原因かもしれません。引違窓のサッシの下部には、レールの上をスムーズに滑らせるために、2つの戸車がついています。この戸車に、砂埃などが入り込み、左右の高さが変わってしまうことがあります。戸車の左右の高さが変わると、窓が傾いてしまう為、窓枠とサッシの間に、隙間ができてしまいます。その結果、開閉しにくくなり、隙間風も発生してしまいます。

見た目には、傾きが感じられない場合、窓の上部と下部を、順番に押してみるとがたつくという場合には、2つの戸車の高さが、違ってしまっていると考えられます。戸車の近くにある調整用のネジ穴に、プラスドライバーを差し込んで、ネジを回し、両方の戸車が同じ高さになるように、調整します。

この作業をする際には、ネジは絶対にはずさないでください。窓内部の部品がはずれてしまうと、元に戻せなくなるおそれがあります。お使いメーカー、窓のタイプによって調整方法が異なります。調整する場合は、製品に合わせた調整方法を確認した上で行ってください。

クレセント錠が原因の場合

窓の中央、合わせ框には、引違窓を施錠する為に、クレセント錠がついています。このクレセント錠を動かす時に、引っかかるような感覚があり、スムーズに施錠、解錠ができない場合、クレセントの本体部分と、受け部分の位置が、ずれてしまっている可能性があります。クレセントの位置がずれると、左右の窓が合わさる部分に隙間ができてしまいます。また、窓が傾いてしまう場合もあります。

クレセントのカバーを外し、カバーの下にあるネジを、ドライバーで反時計回りに回して緩め、クレセント本体、又はクレセント受けの位置を動かして調整します。調整した後は、ネジを時計回りに回して締め、カバーを取り付けます。この作業をする際には、ネジは絶対にはずさないでください。部品がはずれてしまうと、元に戻せなくなるおそれがあります。お使いメーカー、窓のタイプによって調整方法が異なります。調整する場合は、製品に合わせた調整方法を確認した上で行ってください。

風止板が原因の場合

サッシの上部、又は下部には、気密性を高める為に、風止板という部品がついています。この風止板と、風止板を調整する部品の間の隙間が、大きくなってしまうと、隙間風が入ってきてしまいます。風止板の近くにある、調整用の部品のネジをドライバーで緩めた後、位置を調整して、隙間をなくしてから、ネジを回して締めます。この作業をする際には、ネジは絶対にはずさないでください。部品がはずれてしまうと、元に戻せなくなるおそれがあります。

ここでは、YKKAPの製品の写真を使いましたが、メーカーによって、始めからネジが露出しているタイプ、別の位置に部品がついているタイプなど、様々な製品があります。お使いメーカー、窓のタイプによって調整方法が異なります。調整する場合は、製品に合わせた調整方法を確認した上で行ってください。

隙間風が入りやすい窓

お客様
お客様

窓の種類によって隙間風が入りやすい窓、入りにくい窓があるのですか?

マイスター社長
マイスター社長

ありますよ。窓の開閉方法、サッシの種類によって、新品の窓でも気密性が変わります。

最も隙間風が入りやすい窓は、ジャロジー窓です。ガラスルーバー窓と呼ばれることもあります。ガラスのブラインドのような窓です。数年前までは、洗面所やトイレなど、常時換気をしておきたい場所に、多く使われていました。しかし、非常に気密性が悪い為、住宅の断熱への意識が高まるにつれて、採り入れられなくなってきた窓です。

次に隙間風の入りやすい窓は、引き違い窓です。部品の故障や劣化によって、隙間風が入るだけではなく、正常な状態、真新しい状態でも、隙間風は入ってきます。反対に、すべり出し窓、内倒し窓、上げ下げ窓、FIX窓は、戸車がついていないので、高い気密性があり、隙間風は入ってきません。

サッシの種類と構造も、気密性に影響します。サッシにはアルミサッシと樹脂サッシがあります。アルミサッシは、サッシとガラスが、組み立て式で組み合わされている為、ガラス部分とサッシの間に、隙間ができます。樹脂サッシは、サッシとガラスが溶接式で組み合わされているので、隙間がありません。

さらに、サッシ部分に気密性を高める部材を使うなど、気密性を高める構造が施されたサッシは、隙間風を防ぎます。

一時的な対策と根本的な対策

お客様
お客様

隙間風を防ぐには、隙間風用テープが良いと聞いたのですが、効果はあるのでしょうか?

マイスター社長
マイスター社長

弾力性のある素材のテープで、隙間を埋めるので、隙間風の入ってくる部分の効率よく貼れば効果はあります。ただし、根本的な解決にはなりません。

隙間風対策には、隙間テープを貼る、厚手のカーテンを取り付けるといった方法が考えられます。隙間テープを貼る場合、隙間風の入る部分をしっかりカバーできなければ、効果は望めません。また、長期間貼りっぱなしにしておくと、汚くなってしまうので、貼り換えも必要です。賃貸ならともかく、戸建ての家の窓に、隙間テープはちょっと…と考える人もいるでしょう。また、厚手のカーテンは、夜間は良いのですが、昼間は、室内が暗くなってしまいます。

これらの対策は、持ち家の人にとっては一時的な対策と考えたほうが良いでしょう。隙間風を防ぐ為には、気密性の高い窓へのリフォームがおすすめです。隙間風を、根本的に解決できるうえに、その他の効果も得られます。

お客様
お客様

気密性の高い窓へのリフォームとは、どんなリフォームですか?

マイスター社長
マイスター社長

樹脂サッシの窓への交換、又は、内窓を設置するリフォームです。

窓交換

室内のインテリアに調和する色や質感のサッシを選べます。

窓交換の大きな特徴は、トリプルガラスと樹脂サッシが組み合わされた、世界でトップクラスの断熱性を持つ窓に、替えられるということです。隙間風がなくなるだけではなく、冷暖房が効率よく働き、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。予算に応じて、複層ガラスと樹脂とアルミの複合サッシの組み合わせも選べます。

また、窓のサイズを小さくできる、窓の開閉方法を替えられるということも、窓交換のリフォームの特徴です。室内のインテリアに合わせて、サッシの色や、木目調など質感を選べるので、インテリア性が向上します。

内窓を設置して二重窓にする

プラマードU 引違い窓

二重窓にするリフォームの効果の特徴は、隙間風防止と断熱以外に、防音性を得られることです。気密性が高まることに加えて、もとからあった窓と、新しい窓の間の空気層が、音を伝わりにくくする為です。

加えて新しい窓には、樹脂サッシが使われている為、サッシからの隙間風がなくなり、気密性が高まることも、防音効果を高める一因です。アルミサッシとガラスは、組み立て式ですが、樹脂サッシとガラスは、溶接されているので、隙間がないからです。また、室内のインテリアに合わせて、サッシの色や、木目調など質感を選べるので、インテリア性が向上します。

どちらの方法でリフォームした場合にも、結露の発生が抑えらます。

お客様
お客様

リフォームすると、隙間風防止以外の効果があるのですね。高断熱ができる窓交換も、防音できる二重窓も魅力的で迷います。

マイスター社長
マイスター社長

断熱リフォームにはしたいけれど、予算が心配という方は、ネットでお見積をしてみませんか?無料で手軽にリフォームにかかる費用を知ることができます。

戸建て専用 見積りシミュレーション

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で、窓のリフォームを検討中の方は、ぜひご相談ください。

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら