窓のリフォームで得られる効果・窓を小さくする方法も!

窓のリフォーム カバー工法

冬になると、「暖房をしているのに室内が寒い」

夏には、「太陽の直射熱で、冷房をしても涼しくならない」

という室内環境に対するストレスが生まれることがあります。

「今までは外の景観を楽しめる窓だったのに、隣の空き地に家が建ち、隣家からの視線が気になる窓になってしまった」

「浴室が冷えるのは、窓が大きすぎるせいではないのか…?」

「外部からの視線が届かない場所になる窓を小さくして、防犯性を高めたい」

という窓の大きさに対する不満や不安を感じることもあります。このような窓の悩みは、窓のリフォームで解決できます。

室内が冬の寒さ、夏の暑さに影響される原因のほとんどは窓

住宅の断熱性と窓の関係

「暖房をしているのに室内が寒い」

窓の断熱性

その原因を作っているのは、ほとんどの場合、窓の機能です。日本で昔から使われ続けているアルミサッシと単板ガラスの窓は、外の冷気が室内に流入することや、室内の暖かい空気が、外に逃げて行ってしまうことを、防ぐ機能がありません。その為、暖房をしても、室内が思うように暖まらないのです。アルミサッシと単体ガラスの窓は、窓そのものも冷えてしまいます。

そして、冷たい空気には、下に降りていく性質があります。冷えた窓の冷気は、壁を伝って、床に降りてゆき、床に広がります。反対に、暖かい空気には、上に昇っていく性質があります。暖房器具で暖められた空気は、天井へ向かって上がっていきます。その結果、顔ばかり熱くなって、足元は冷えるという状態になってしまうこともあります。

室内から逃げていく暖かい空気のうちの約半分は、窓から逃げていきます。もし、窓に暖かさを、逃がさない働きがあれば、室内は、今よりずっと暖かくなるのです。窓のリフォームをすると、窓に暖かさを逃がさない働きが生まれます。加えて、窓からの隙間風も少なくなるので、冷機の侵入も抑えられます。

外壁からも、暖かさは逃げていきますが、20%以下です。外壁に断熱材を入れるリフォームをするより、窓のリフォームをする方が、高い効果を得られます。また費用も、外壁のリフォームに比べ、かなり抑えられます。加えて、外壁のリフォームは、数日から数週間かかりますが、窓のリフォームなら、1日で完了します。

「太陽の直射熱で、冷房をしても涼しくならない」

その原因を作っているのは、ほとんどの場合、窓の機能です。

通常の窓ガラスには、遮熱機能がありません。その為、太陽の直射熱が、そのまま室内の温度上昇につながってしまうのです。室内に流入してくる暑さのうちの70%が、窓からの熱です。さらに、太陽の直射熱に含まれる紫外線が、壁や畳、家具を日焼け、劣化させもします。

複層ガラスの中には、Low-E複層ガラスという遮熱機能を持つガラスがあります。Low-E複層ガラスの窓がある室内は、直射熱と紫外線が妨げられます。その結果、冷房の涼しさが、効率よく働き、室内を快適にします。

窓を小さくするリフォームで得られる効果

「今までは外の景観を楽しめる窓だったのに、隣の空き地に家が建ち、隣家からの視線が気になる窓になってしまった」

窓は、陽射しや風を採りこむ働きをするので、私たちの生活になくてはならないものです。しかし、同時に外部からの視線も取り込んでしまいます。今までは、窓からの景色が楽しめる窓だったのに、隣家が建ってしまい、プライバシーが気になる窓になってしまうこともあります。

反対に、隣家がリフォームをして、自分たちのリビングに面した位置に、トイレを作ってしまうこともあります。気候の良い季節に、窓を開けて寛ぎたくても、隣家のトイレの窓が見えてしまう状況は、あまり嬉しいことではないでしょう。

「浴室が冷えるのは、窓が大きすぎるせいではないのか…?」

窓のリフォーム 浴室

浴室が冷える原因は、窓の大きさだけではありません。窓の断熱機能が大きな原因です。しかし、窓が大きければ大きいほど、冷たい空気や、隙間風の流入が増えることは考えられます。窓を小さくするだけでは断熱性は上がりませんが、断熱窓にする際に、窓のサイズを小さくするのは、効果的です。

「外部からの視線が届かない場所になる窓を小さくして、防犯性を高めたい」

トイレの窓が大きいケースは、少ないと思いますが、築年数の長い住宅では、浴室の窓が大きいケースは、多くあります。そして、浴室やトイレは、外部からの視線が届きにくい面にあることがほとんどです。人が楽々と通り抜けられるサイズの窓であれば、泥棒が侵入しやすい条件が、2つも揃ってしまいます。最近は、換気扇の性能も高くなっているので、浴室の窓は、昔のように大きいままにしておかなくても、十分に喚起できます。防犯を考えれば、窓は小さいほうが、安全性を高められます。

  • 余談ですが、築年数の長い住宅にみられるもう一つの防犯性を損なう恐れのある窓に、ジャロジー窓があげられます。ガラスのブラインドのような窓です。ジャロジー窓は、一見、防犯性が高く見えます。留守の際にも、少しだけ開けておくと、換気ができ、小雨なら雨が降り込む心配もありません。しかし、実際には、ジャロジー窓のガラスは、外部から簡単に取り外せる防犯性の低い窓なのです。また、気密性が低く、隙間風が入るため、寒くて、危険な窓ともいえます。トイレにジャロジー窓がついている場合は、防犯のため、窓のリフォームをおすすめします。

外部からの視線が気になる、防犯性を高めたいというようなケースでは、窓を小さくするリフォームが効果的です。また、浴室の断熱窓へのリフォームの際に、窓のサイズを小さくすると、より効果が上がります。

窓のサイズを小さくするリフォームの方法は、従来の窓の部分の一部を窓に、一部にパネルを組み込む方法です。

  • 視線が気にならない場所にある窓で、断熱効果を上げたいので小さくしたい

このような場合には、パネルではなくFIX窓と組み合わせると、採光量を損なわずに窓のサイズを小さくできます。

  • 視線が気になるので小さくしたい

このような場合には、パネルと組み合わせます。お部屋の向きによって、日当たりが損なわれないよう、パネルと窓の位置を調整します。

窓を大きくするリフォームはとても大変

窓のリフォームは、ほとんどの場合、カバー工法というリフォームの方法で施工します。今あるある窓枠の上に、新しい窓枠と窓をかぶせる方法です。その為、壁を壊したり、壁紙や床板を剥がしたりはしません。廃棄物の量もわずかです。

窓のリフォーム カバー工法

しかし、窓を大きくするリフォームは、壁に埋め込んである窓枠のサイズから、変更しなくてなりません。その為、壁を壊して、新しい窓枠を壁に埋め込む段階からのリフォームが必要です。高額な費用と日数が掛かり、粉塵や騒音でご近所に迷惑をかけることもあります。窓のサイズや位置によっては、住宅の耐震性が下がってしまう恐れがあります。

窓のサイズを大きくする場合には、住宅を建築した工務店に相談すると、設計図が保管されているので、耐震性に影響する度合いを確認できます。耐震性に影響がある場合は、窓を大きくするリフォームは、やめるべきです。

ほとんどの窓の問題は、カバー工法、または二重窓にするリフォームで解決します。寒い、暑い、視線が気になる、泥棒が心配というような問題があれば、窓のリフォームをご検討ください。

 

 

マイスター社長
マイスター社長

お見積は無料です。お気軽にご利用ください。

ネットの見積もりは不安という方も多いと思います。

窓リフォームマイスターでは、お見積を頂いた方に、営業メールや、営業電話をすることは、一切ありません。

また、見積もり後、現地調査に伺った際には、お客様のご要望、窓の状況、周辺の環境などを丁寧に調査します。

安心してお見積をご利用ください。

 

 

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で、窓のリフォームを検討中の方は、ぜひご相談ください。

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら