窓のリフォームで、今からでも樹脂窓に替えられます!

新築住宅を建ててから、後悔していることの中には、動線の悪い間取りだった、不要な部屋を作らず、リビングをもっと広くすればよかったなど、間取りに関することも多くありますが、窓に関する後悔も、意外に多くあります。

窓で後悔する理由の中で、一番多い項目は、結露です。結露の他には、吹き抜けを作ったのに、標準の窓にしてしまったため、夏は陽射しが入り過ぎて暑く、冬は暖房をしても室内が暖まりにくいという、室内の温度に関する不満を感じている場合もあります。

窓で後悔している人は、ハウスメーカー任せにしていたので、窓の機能について考えていなかったというケースが、ほとんどです。中には、もっと機能性の高い窓にしたかったけれど、新築時には、他のことに回す予算が多すぎて、樹脂窓にはできなかったというケースもあります。

でも、それは間違いです。窓は、住宅性能、暮らしの快適さに、大きな影響を与えるからです。窓は、日当たりと風通しだけではなく、家の中の温度、湿度、防音、防犯に大きくかかわります。その為、窓の機能によって、家は暮らしやすくもなり、暮らしにくくもなります。

ここ数年に新築した住宅の標準装備は、ハウスメーカーや、工務店の基準にもよりますが、複層ガラスが使われています。しかし、それだけでは、完全に結露を防ぐことはできず、室内の温度を適温にするためには、多くのエネルギーを消費してしまいます。

築年数の長い家では、単体ガラスが使われている住宅がほとんどです。単体ガラスの窓の家は、さらに結露が発生しやすく、非常に多くの光熱費がかかっているのではないかと思われます。

でも、あきらめることはありません。窓のリフォームで、今の窓を、結露の発生を抑え、最小限の冷暖房で、室内の温度を、適温に維持できる樹脂窓に替えられます。

 樹脂窓はどんな窓?

樹脂窓は、樹脂フレームと複層ガラスが組み合わされた窓です。すべての窓の中で、最も断熱性が高く、結露の発生が抑えられる窓です。ただ、樹脂サッシがいまだに高価である為、選ばれにくいという側面を持っています。

数十年前までは、気候が温暖な関東圏には必要ない、こんなに高額な窓が普及するはずはないという意見を持つ人が少なくありませんでした。窓は、陽射しと風を採り入れるだけのものと考えられていたからです、その結果、日本の住宅の室内環境は、世界のレベルから大きく遅れてしまいました。

なぜなら、窓の機能が、家の中の環境に大きく影響するからです。どんなに断熱性の高い屋根や壁、床であっても、窓に断熱性がなければ、最小限の冷暖房で、家の中の温度を、快適な温度に調節できません。冬暖かく、夏涼しい室内環境を作るためには、相当なエネルギーを消費してしまいます。また、窓に断熱性がなければないほど、外気の影響を受けるので、結露の大量に発生します。

樹脂窓は、家の中への熱や冷気の流入、家の外への熱の流出を防ぐ機能を持つ窓です。特に、トリプルガラスと樹脂サッシの樹脂窓は、世界レベルの断熱性能を持っています。

 APW 430 トリプルガラス+樹脂サッシの特徴

樹脂窓 窓リフォーム

住宅を高断熱化して、エネルギーの消費量を削減し、住宅の温熱環境を劇的に改善します。

  • 世界トップクラスの断熱性能

住宅性能表示の中の省エネ建材等級で、最高レベルの4に認定されています。長期優良住宅化リフォームにも、うってつけの窓です。

  • 先進の機能 

総ガラス層厚41mmのトリプルガラスのうち、室内側には、Low-E膜がコーティングされています。陽射しが入りにくい部屋には、Low-E膜がコーティングされているガラスが、室内側に使われている高断熱タイプ、夏場の陽射しが強い部屋には、Low-E膜がコーティングされているガラスが、室内側と外側に合わせて2枚使われている遮熱タイプが向いています。

中空層には、空気よりさらに熱を通さないアルゴンガスが注入されています。

従来の樹脂サッシより、さらに熱を伝えにくい構造になっているため、サッシからの熱の出入りも抑えられます。

3枚のガラスの重みで、開閉しにくくならないよう、下枠にかかる力を軽減する躯体の構造をしています。

  • 消費エネルギー

YKKAPが算出した、窓の違いによる東京でのエネルギー消費量を見てみましょう。

エアコン設定温度 冬24℃。夏25℃の場合の年間冷暖房費の比較

アルミサッシ+複層ガラス 66,563円
アルミ樹脂複合サッシ+複層ガラス 59,396円 約11%削減
APW 430 (日射遮蔽タイプ) 47,191円 約29%削減

 

窓は、何十年も使えるので、リフォーム時には費用が掛かりますが、年間約29%削減していけば、かなり光熱費を抑えられます。

 APW 330 複層ガラス+樹脂サッシの特徴

樹脂窓 窓リフォーム

  • 国内トップクラスの断熱性能

国内最高基準の断熱性を持つ窓です。住宅性能表示の中の省エネ建材等級で、最高レベルの4に認定されています。長期優良住宅化リフォームにも、うってつけの窓です。

さらに、従来はサッシと窓は別物と考えられてきたため、窓の長期保証はありませんでしたが、APW 330には、10年保証がついています。樹脂窓は、サッシとガラスを工場で組み立て、窓として取り扱われるからです。部品の支給に加えて、複層ガラスの内部結露は10年間、無償で修理が行われます。

北海道などの極寒の地域では、APW 430が多く採用されていますが、関東圏では、APW 330へのリフォームで、快適な生活環境が調えられます。費用も、APW 430より、抑えられます。

  • 選べる機能

総ガラス層厚3mmの複層ガラスのうち1枚に、Low-E膜がコーティングされています。陽射しが入りにくい部屋には、Low-E膜がコーティングされているガラスが、室内側に使われている高断熱タイプ、夏場の陽射しが強い部屋には、Low-E膜がコーティングされているガラスが、室外側に使われている遮熱タイプが向いています。

中空層には、空気よりさらに熱を通さないアルゴンガスが注入されているより断熱性能が高いタイプもあります。

アルミに比べて、約1000分の1しか熱を伝えない樹脂サッシなので、ガラス部分だけではなく、サッシ部分の結露も抑えられます。

  • 消費エネルギー

YKKAPが算出した、窓の違いによる東京でのエネルギー消費量を見てみましょう。

エアコン設定温度 冬24℃。夏25℃の場合の年間冷暖房費の比較

アルミサッシ+複層ガラス 66,563円
アルミ樹脂複合サッシ+複層ガラス 59,396円 約11%削減
APW 330 (樹脂スペーサー使用ガス入り) 52,363円 約21%削減

APW 430ほどではありませんが、かなり光熱費を抑えられます。

  • リフォーム費用…引き違い窓から引き違い窓へのリフォームの場合の商品代と工事費の合計
幅  160〜190cm

高さ 190〜220cm

幅  160〜190cm

高さ    90〜110cm

幅  70〜80cm

高さ 90〜110cm

約24〜31万円 約16〜22万円 約14〜19万円

 

窓のサイズや、開閉方法によって、リフォーム費用は変わってきます。窓リフォームマイスターのお見積もりは、具体的なサイズを入力していただけるので、かなり正確な費用をご確認いただけます。

 

 樹脂窓へのリフォームの方法

  • かんたんマドリモ窓交換

今ある窓枠から、古い窓を取り外し、樹脂窓を設置する方法です。
壁を壊さないカバー工法でのリフォームなので、粉塵や騒音を抑えられ、手軽に工事が完了します。交換する際に、窓のサイズを小さくしたり、開閉方法を変えたりもできます。また、室内側からの工事なので、2階、3階の窓であっても、足場を組まなくて済み、リフォーム費用を抑えられます。1窓およそ2時間から半日で、工事が完了します。

トリプルガラスに樹脂窓に交換したい場合の、唯一のリフォーム方法です。

 

  • かんたんマドリモ 内窓 プラマードU

今ある窓はそのままに、新しい樹脂窓を室内側に設置する方法です。

断熱性が高いので、室内を快適な温度に保ちやすい、結露を防ぐという効果は、窓交換と同じですが、内窓には防音性が高まるというプラスアルファ効果もあります。また、室内側のサッシには、木目調が用意されているので、インテリア性も向上します。

やっぱり樹脂窓は高いなあ…という方には、複層ガラス+アルミ樹脂複合サッシという組み合わせもあります。窓リフォームマイスターでは、環境や予算に合わせて、最適な窓をご提案します。お見積もりは無料ですので、ぜひご利用ください。

 

 

マイスター社長
マイスター社長

お見積は無料です。お気軽にご利用ください。

ネットの見積もりは不安という方も多いと思います。

窓リフォームマイスターでは、お見積を頂いた方に、営業メールや、営業電話をすることは、一切ありません。

また、見積もり後、現地調査に伺った際には、お客様のご要望、窓の状況、周辺の環境などを丁寧に調査します。

安心してお見積をご利用ください。

 

 

「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」で、窓のリフォームを検討中の方は、ぜひご相談ください。

断熱窓への交換リフォームは、毎日の暮らしを快適にするとともに、健康にも大きく貢献します。ご予算、ご要望に応じて様々な窓交換の方法があります。ぜひ断熱窓へのリフォームをご検討ください。

窓リフォームマイスターは、「東京」「茨城」「千葉」「埼玉」での窓交換のリフォームを、すべて自社グループで行う工事で請け負っています。

直接仕入れ、直接工事の為の適正価格でのリフォーム工事です。断熱リフォームを検討中であれば、ぜひお見積りをなさってみてください。

窓リフォームのことで迷っていることやわからないことがあれば、何でもご相談ください。

窓の交換で断熱性を上げ、季節ごとの暑さや寒さ、結露を抑えることに加えて、リフォームの方法によって耐震性、防犯性、防音性も同時に向上させることができます。

昭和5年の創業以来、建具だけを専門にしている中村建硝はお客様の暮らしを快適にすることと、お客様との信頼関係を大切にリフォームに関わっている会社です。窓の交換リフォームを検討中であれば、ぜひ簡単お見積りをお試しください。お部屋の向きや室内環境に最も適したリフォームをご提案します。

MADOショップ取手東店 窓リフォームマイスターはこちら

お問合せ窓口はこちら